favorites of fqmktw | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of fqmktwall replies to fqmktwfavorites of fqmktw

ブルーリボン賞(違う)

reply

わずか一週間そこらで『例の紐』という単語が、特定固有名詞になる不思議。

改めてインターネッツがもたらす波及力を感じます。

posted by sbifb4 | reply (1)

ちょっとニュアンスが違うような気もするので、直レスはしない。

reply

中小企業で、家督で社長やってる二代目、三代目は総じて

・クライアントにはやたらへりくだってペコペコしている。(ただし、相手がいない所で不満を吐露する)

・半面、自分の所の従業員や下請けには尊大な態度で接する。

・仕事で自分と接する人間を上下関係でしか捉えない。(表面的にでも)『対等』という態度で接することができない。

抑圧の対象が発注元、それ以外では周囲に諌めてくれる人間がいない、という型にはまった人生で形成される人格が総じて同じような『社長』を産んでいるんだと思う。


学校の先生なんかも、生徒には常に自己正当・俺絶対正義な態度で接しているから、学校以外の環境で普通の人を相手に接している時でも、根底の部分で『譲る』『妥協する』ってことをしないし、正しいと感じられなければ口に出して意見しないと気が済まない人が多い。結果的に協調性に欠けて付き合いづらい、という。あれも学校っていう特殊空間で人格を形成しちゃった弊害なんだろうなぁ。

posted by sbifb4 | reply (0)

どどいつ は 7775

reply

・ 嫌なお方の 親切よりも 好いたお方の 無理が良い

・ あの人の どこが良いかと 尋ねる人に どこが悪いと 問い返す

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1065844610

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: http://q7ny3v.sa.yona.la/2167

あるいはED的な

reply

これはこれでそこそこ非対称っつうね。陰核の勃起不全ってあるのかしら。

真っ昼間っから公共のパケットを飛ばして何つうことを書いておるのだ。

posted by zig5z7 | reply (1)

オバマ大統領の技術政策

reply

>>

 オバマ大統領は、「幹細胞研究のガイドライン(案)」を就任後100日で作成したり、「2050年までに二酸化炭素排出を80%削減する」というゴールを設定し、再生可能エネルギーやエネルギー効率化に10年間で1500億ドルを投資する方針を打ち出したり、構想はあったが実現できなかったプログラムに研究開発費を配分するなど(例えば、エネルギー高等研究計画庁(ARPA-E7))、前政権との「チェンジ」をアピールしている。

<<


 先見性のあるイニシアティブは今のところない。


 オバマのあと、ヒラリー・クリントンは何を打ち出すのか..

posted by x3ru9x | reply (0)

ブッシュ大統領のイニシアティブ

reply

>>

 2006 年1月、ブッシュ米国大統領は一般教書演

説の中で、化石燃料依存度低減と温暖化ガス排出

量削減を目指す「先端エネルギーイニシアティブ」

構想を発表し、セルロース系エタノール燃料の製

造技術開発を重点項目としている。2012 年までに

ガソリンに対してコスト競争力のある 1.07US ド

ル/ガロンのエタノール製造法を確立し、2030 年

までに米国内ガソリン消費の 30%を置き換える目

標を掲げている。

<<


 バイオエタノールは失敗に終わった。

 ヒトゲノム解読は2004年 ブッシュ大統領の任期期間中。


● クリントン大統領 : 国際ナノテクノロジー イニシアティブ

● ブッシュ大統領 : 先端エネルギー イニシアティブ

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: http://fyru9x.sa.yona.la/116

かける言葉もありません。

reply

・お疲れ様でした、は普遍的すぎるし、そんなもんだよ、は投げやり過ぎるし、それもありじゃね、は他人事すぎます。

筆舌に尽くしがたい、はチートというか丸投げだし。


・トートロジーというかそもそも論になってしまいますが、人生をかけるものって人生それ自体以外にあるのか、とも、たまに思います。

今まで何をなさってたのかは知りません。知りませんが、それがあなたの生命活動の全てではないはずだし(現に、それをなくしたであろう今も、なお生きてその投稿を確定させています)。


・「できるまでやれば、できる」「とにかく、やめるな」というのは結果論な部分も大きいとも思うし、捨てる決意や決断だってトータルで見れば続けつづけるのと同じくらい大きな力が要ることだとも思います。


・「止めたい」と「止めよう」の間には、思いの外、深くて広い溝があると思います。「辞めたい/辞めよう」?


・今は、その決断をした自分を休ませてあげてください。


・まとまったお手紙が書けません。すみません。

posted by zig5z7 | reply (1)

ドイツのあるジャーナリストの日本論 (内田樹の研究室)

reply
 さて、荷造りも終わった。ドイツの日刊紙Frankfurter Allgemeine Zeitungの特派員として東京で5年以上を過ごしたあと、私はもうすぐ東京から故国へ旅立つ。
私が今離れてゆこうとしている国は、2010年1月に私が到着したときに見た国とはもう別の国になってしまった。表面的には同じように見える。けれども社会の空気は緩慢に、だがあらわに変化しつつある。その変化は過去1年間の私の書いた記事にしだいに色濃く反映するようになった。

ドイツのあるジャーナリストの日本論 (内田樹の研究室)


 今年は異常な年だということがわからないのかねぇ。 日本人の危機意識は敏感で世界の不安を感覚のどこかで感じているわけですよ。 日本に来て お客さん気分が抜けきらずに平和ボケしてしまったのはYou(ドイツ人ジャーナリスト)の方。

 今年は異常な年なんだって。 へたをするとこの先 先進国のどこかの国が大きい戦争に巻き込まれるかもしれないぐらいに異常な年。

posted by x3ru9x | reply (0)

南沙海域で油層発見

reply

● ‘国際石油開発帝石とJX日鉱日石開発、マレーシアのサバ州沖深海で新たな油層発見’ -

● ‘日産、アラウンドビューモニターで海底探査に協力’ -


 石油、軍事 の両方でメリットがあるから中国は進出してくる。


 日本は南沙海域で油田を掘り当てていた。

posted by x3ru9x | reply (0)

5年間記事を書いてきて落ち着いた今の作業環境 | アフィリエイト野郎

reply
 2011年頃から毎日10時間以上記事を書くようになり、その頃から作業環境を気にするようになりました。アフィリエイトを始める前からがっつり記事は書いていましたが、当時は作業環境のことは全く気にしていませんでした。

 色々と試した結果、最近はだいぶ落ち着いてきたので、現在の作業環境をご紹介します。

アフィリエイト野郎


 毎日10時間..  ウギャー

posted by x3ru9x | reply (0)

台湾への技術移転

reply

● ‘東芝、北米テレビ自社開発を終息し台湾コンパルへブランド供与。海外テレビ抜本見直し ’ -

● ‘日産GT-R開発者(水野氏)の新たな挑戦、台湾から欧州車並みの車を ’ -


 台湾への技術移転は昔から順調に進んでいる。 韓国への技術移転は失われた10年15年の間に細ってしまった。

posted by x3ru9x | reply (0)

今回のプチプチはだめなプチプチだった

reply

エアパッキン?エアキャップ?とにかくあれが手元に来たから潰してみたらなんだこれは、材料が悪いのかなんなのか、押し込む時にコシがなく、もう、往生際が悪いというか、粘るわりに音はぷすッとスカすだけで、業を煮やして絞ってもムニいっとなるだけで、途中で捨てました。こいつは絶対模造品だ。

posted by zig5z7 | reply (0)

メモ

reply

ギアスアギト3 5/2

蟲師 鈴の雫 5/16

デュラララ鍋 5/30

ラブライブmovie 6/13

攻殻新劇場版 6/20

たまゆら響 8/29

心が叫びたがってるんだ 9/19

ARIA AVVENIRE 9/26

posted by sbifb4 | reply (0)

MRJ

reply

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/12178

reply

● アジア開発銀行 ADB

● アジアインフラ投資銀行 AIIB


 水素ステーションもインフラ。 将来 水素インフラがAIIBの投資対象になるのかどうか。 トヨタは水素ステーションの特許も公開している。

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/12176

reply

● アメリカ : ビル・クリントン → 国際 ナノテクノロジー イニシアティブ (2000年)


 最近は、

● ドイツ : インダストリー 4.0

 で、日本は、

● 日本 : 水素循環型社会、水素エコロジー


 ま、安倍晋三 → 国際 水素エコロジー イニシアティブ


● 日刊工業 2015/4/7

 東芝は6日、2020年度に水素関連事業で売上高1000億円を目指す「水素事業戦略」を発表した。再生可能エネルギーを使って発電した電力で水素を製造して貯蔵し、その水素を必要な時に化学反応させて電力として使う水素サプライチェーンにかかわる製品を総合的に展開。水素ビジネスの開拓で先行する。

「アクションを次々に打ち出していく」−東芝、水素で1000億円−水素戦略を発表:日刊工業新聞



 環境問題で技術的アドバンテージと主導権を取ればこの方面から中国を常にけん制できるようになる。 一石二鳥。

posted by x3ru9x | reply (0)

インターネットが黒船のように外から入ってきたもので本当によかった

reply

 インターネットの技術が日本で開発され、それをNHKや朝日の左派系メディア連合が牛耳ってしまっていたら 日本はもっとコントロールされ格差社会になって伝統文化を失っていた。

 外から入ってきたものだから自分たちの伝統文化に合う機能だけを取捨選択して取り入れられる。

 実際その通りになっていて、日本のインターネットは右派系の考えを持った人たちの言説であふれ朝日やNHKの左派系メディアを追い詰めている。


 何でも日本が開発すればいいというものでもない。 日本が開発したものでも意図的に海外に出し 様子を見てから日本に入れるというやり方をしてもいい。


 まま、こうゆう見方もあるということで。

posted by x3ru9x | reply (0)

ナノテクノロジーを最初に言い出したのはアメリカ

reply

>>

 1999年までナノテクノロジーという言葉は、専門家以外、一般にはほとんど知られていなかった。2000年に、突然、ナノテクノロジーに関する報道が増えたのは、米国の前大統領であるビル・クリントン大統領(当時)が、同年2月に「National Nanotechnology Initiative (NNI) 」を策定して発表したからである。

http://nkbp.jp/1C8nXps

<<


 集積回路をどうすればもっと集積できるか、というところから 「ナノテクノロジー」 が言われるようになった。 基本的には半導体や電子回路がメインであった。

 アメリカは半導体産業をメインにした幅広い周辺産業のベースのベース 最深部のところを牛耳ろうとしてNNIを策定した。


 日本は、ナノテクノロジーをもっと柔軟に捉え素材産業にも生かそうとしていった。

 しかしそれは物質の根本を探るようなチャレンジで、大型放射光装置、電子顕微鏡のさらなる高性能化など、対象となる素材を極限まで見る道具を開発するところから始めねばならなかった。

posted by x3ru9x | reply (0)

日本は技術立国

reply

 資源立国でも農業立国でもない。 それだから 技術で壁にぶち当たると停滞する。 


● 韓国は日本の失われた10年15年のあおりを受けて貧乏になった。


 日本がナノテクノロジーの壁にぶち当たって技術の更新が滞(とどこう)り、韓国への技術移転のパイプが細くなった。 それで韓国の産業技術も更新されず停滞することとなった。

 実は、ナノテクノロジーの壁が今日の状況を招いた最大原因である。 (一応 仮説)


 韓国の財閥が集約していったのは技術リソースを一カ所に集めてシェアするためであった。 そうして技術を強くし 技術の壁を突破しようとした。

posted by x3ru9x | reply (0)

日本の主な新聞、雑誌で報道されたナノテクノロジーの記事件数の推移

reply

 ナノテクノロジーという言葉が出始めたころから失われた10年15年が始まった。 実はこの失われた10年15年というのはナノテクノロジーの壁を越えることができなくて もがいているうちに停滞期間となってしまった10年15年のことである。 (仮説)

 やっと最近、壁を乗り越えることができて成果が出てきた。


 ナノテクノロジーという言葉が出たころはSFのようなイメージだった。 しかし今では技術の裏付けのあるあたり前の言葉になっている。



・ 参照記事

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20011031/60879/?ST=nedsmart

posted by x3ru9x | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.