フロッピーが消えない理由 | fqmktw | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

フロッピーが消えない理由

返信

今でもフロッピーを使う人が4人に1人程度いるらしい。

うちの職場では未だにフロッピーが現役だ。

何かにつけて「フロッピーフロッピー」言う人がいっぱいいる。


なぜこのご時世にフロッピーが無くならないのか考えてみた。


1.知名度

USBメモリは知らなくてもフロッピーはほぼ皆知っている。

だからデータの移動手段としてフロッピーが利用される。


2.値段・量

個人的にはこれが一番の理由だと思う。

1GBもの容量のUSBメモリを1000円足らずで手に入れることができるとはいえ

1個当たりの単価はフロッピーに大きく劣る。

また、フロッピーでは20個単位等で購入できるが、USBメモリは基本バラ売りだ。

大量購入が難しく、気軽に人に渡せるものではない。

容量は小さくてもいいから(32MBや16MBなど)単価がフロッピーと同程度で大量購入できるようになれば

USBメモリは完全にフロッピーの代替となるんじゃないだろうか。



つまり何が言いたいのかというと

16GBとかいらんから16MBのやつを安くまとめ買いをさせてくれということ。

気軽に配るにはまだ抵抗がありすぎるので。

20個入り1000円とかだったら即買いするのになぁ。

投稿者 fqmktw | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: フロッピーが消えない理由

32MBのUSB

返信

IT系企業から粗品として貰ったことがあるよ、32MBのUSB。

表面に社名がプリントされてて、名入りタオルの代わりに配ってた。

ちょっとしたデータには便利。

粗品というくらいだから単価は安いはず。

それが浸透すればいいのかも。


でもフロッピー派は譲らないだろうなあ。

多分ラベルシールを張ることができるのも魅力の一つなんだと思う。

投稿者 4x3vdg | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.