favorites of fqmktw | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of fqmktwall replies to fqmktwfavorites of fqmktw

Vue画像の加工

reply

(拡大)

● 元画像


● 元ページ レンダーオー - http://www.renderosity.com/mod/gallery/index.php?image_id=2624946

posted by x3ru9x | reply (0)

意志の弱さ

reply

せっかく、わざわざ見切り品の刺身を選んで買ってきてヅケにしてるのに、どんどん食べちゃう。

posted by zig5z7 | reply (0)

Tokyo Cyberpunk Reference Pack by JonasDeRo on DeviantArt

reply
jqzhiyna

http://jonasdero.deviantart.com/art/Tokyo-Cyberpunk-Reference-Pack-547180244

 ロイヤリティーフリー素材写真 1000枚 800円。 4.6G

 カメラ Canon 5D Mark III

posted by x3ru9x | reply (0)

肌身で実感した。

reply

ライブや寄席といった『興行』には色々な種類があるけれど、『アニメのイベント』もそういった興行の中の独立した一つの種類となっていて、それを専門に足を運ぶことを趣味とする層が確実にいる、ということだ。コスプレの所出がアニメや漫画に起因しているとしても既にアレは独立した一つの趣味で、それと同じようにアニメに依らず『アニメのイベント』を楽しむこと自体を趣味としている層。もちろん楽しむ上で元になったアニメを知らなければならないので最低限の視聴はしているのだとは思うのだけれど・・・限定物販、声優同士のトーク・掛け合い、朗読劇、テーマ楽曲の生演奏などがパッケージングされた興行形態を楽しむ趣味。イベントではそこに集う同好の士によって暗黙に周知されているルールが存在していて、特に興行主が指示を出さなくても、何処でリハーサルしたのか知りたくなるような一糸乱れぬリアクションが行われる。スゲェ。

posted by sbifb4 | reply (2)

スタックとかカードのところでデータベースに対する考え方を持っていればツー ルは何だっていい。

reply

 ライブコードには スタック、カード というメニューがあるから そのまま使えて使いやすいというだけ。

 Ren'Py でも吉里吉里でも、カードを3枚用意して、この3枚のまとまりは1スタックで最小のデータベースである、と自分が決めればいい。

posted by x3ru9x | reply (0)

Flash Html5 変換 (グーグル変換ページ) 1Mまで

reply

>> SwiffyがサポートするのはSWF8レベルとAS2.0のしかもサブセットか・・・純粋にアニメーションだけ変換すると考えた方が良さそうだね。 <<


https://developers.google.com/swiffy/convert/upload


(サブセットとは : UI部分のプログラムとか限定された部分一塊)


● flash Lite 1.1 の変換なら Blade (変換てきるページ) - http://blade.siliconstudio.co.jp/trial.php

posted by x3ru9x | reply (0)

Html5ベースのツール

reply

 ティラノスクリプトとか。

● ティラノスクリプト - http://tyrano.jp/usage/tutorial/about


 exeファイルを開くのに抵抗感を持っている人もいて簡単には開いてもらえない。

posted by x3ru9x | reply (0)

LiveCodeからHtml5に書きだす機能の開発プロジェクトは去年から 始まっているらしい。

reply

posted by x3ru9x | reply (0)

弾さんのHyperCardについてのエントリー 2011年12月

reply

弾 : 「かつてはそれを使わぬ日が一日とてなかった一人として、半分、同意。」

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51754838.html

posted by x3ru9x | reply (0)

3枚のカードで構成された1スタックが1データベース単位。

reply

 最小構成のデータベースであるスタックのある面が基準面。 スタックを平面上に並べてそれを線でつないでいくイメージ。 何かオブジェクトを並べるのではなく一番小さなデータベースを並べる。


 3枚のカードは、3つの選択肢であり、時間を持った3つの節(ふし)で構成された1つのオブジェクト(≒センテンス or フレーズ) でもある。

 どちらになるかは、そのスタック(データベース) にどうやって(どうゆうルートで) 辿ってきたかで変化する。



 LiveCode より既存のコードの方がいい人は、Ren'Py で。

posted by x3ru9x | reply (0)

HyperCard スタイル

reply

 一つのモノクロスタイルとしてのハイパーカードスタイル。

 (元画像に透かしが入っていた)

● 元画像 デビアント - http://www.deviantart.com/art/Plateosaurus-546856541


 モノクロで何か作るとすれば、スタイルはHyperCard、ツールはLiveCode か...


 モノクロはモノクロでも モノクロドット絵独特のシャープさをちょっと持たせる。 UIはほぼモノクロドット絵。


 Flashでページめくりするモノクロ漫画か、ハイパーカードスタイルか。 モノクロコンテンツの対抗馬としてのハイパーカードスタイル。 どうだろう..


 枠とフォントとモノクロドット絵UIを付けるだけで ガラッとモードが変わってしまう。 このスタイルの遺産には値打ちがある。 (のではないか)


 ただし、おっさんしか反応しない。

posted by x3ru9x | reply (0)

けっこういい曲。

reply

http://youtu.be/MQj6bGIjhZ8


http://youtu.be/v0zgQAp7EYw


ソフトな山下洋輔。


公式ノラサイト。

http://norathepianocat.com/


わりと本気でいい曲になってる瞬間があるのが困る。

posted by zig5z7 | reply (0)

まんじゅうニュース

reply

 「安保議論のあと、安倍首相は議員全員に "安保まんじゅう" を配り、議員たちは一応 腹におさめました。」


 このニュースが世界に配信され、世界の人はそれを聞いて了解する。 ってことあるか?

posted by x3ru9x | reply (0)

まんじゅう = 一応 腹におさめるもの

reply

 「いろいろあるでしょうけど、まぁまぁ、腹におさめてくだされ。」


 「わかりました、一応、腹におさめておきましょう。」


   バクッ


● 出されたまんじゅうを断ってはいけない。 特に名前のついたまんじゅうは腹におさめないといけない。 それがまんじゅうのしきたり。 (なのか?、そうゆうことにしておこう)

posted by x3ru9x | reply (0)

紅白のまんじゅう、ってあれは何だろう...

reply

 男女間の平和 を意味するのかな..


・ まんじゅうが配られたことで、その前に話し合いがあって まとまった、ということが分かる。 (ということかな?)

posted by x3ru9x | reply (0)

安保議論のあと

reply

 安保議論が終わったなら、「安保まんじゅう」 なるものを作って パクッと食ってしまおう。


   Aさん : 「安保まんじゅう、うまいなー、 あー 終わった終わった.. 」


   Bさん : 「安保を腹に入れたでごわす。」


 まんじゅうを食う = 平和。  それが日本。 日本人の感覚にストンとくるリアルな日本。


● まんじゅうを配る文化を大切にしよう。


  .... 確かにユニークだ。

posted by x3ru9x | reply (0)

4 2 8

reply

四ツ谷

posted by sbifb4 | reply (0)

円盤持ってても。

reply

今日はひたすら、仕事が終わったらビール片手に金曜ロードショウを観ることだけを楽しみに頑張った。


「いっけぇぇぇぇ」

posted by sbifb4 | reply (0)

Re: http://q7ny3v.sa.yona.la/2240

Ingreスとか

reply

こちらはLVL9で止まってますが。

posted by zig5z7 | reply (1)

物語の半分は現状維持の記述

reply

 粛々と事が運ばれている様を淡々と記述する。  どうゆうふうに現状が維持されているのか、そこんとこ。

posted by x3ru9x | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.