favorites of fqmktw | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of fqmktwall replies to fqmktwfavorites of fqmktw

googleマップ ストリートビューキャプチャー画像の単色化 (屋久島)

reply

(クリック大別タブ)

 緑だけをマスクするやり方のおさらいなど。

これをモノクロ化すると、緑 → グレー となって、粉を吹いたような画像になる(劣化)。 緑 一色はやっぱり欲しい。


 コースを進むように 一連の画像を作る。 その途中に動物 植物。 で、自然観察コース。 一応 メモ。

背景としてあっさり使うという感じで。

 単色だから 漫画キャラとの相性はいい。

 ただ、このストリートビューは冬。 花がない。

● Google ストリートビュー (キャプチャーしたところ)-

・ ストリートビュー屋久島についてのITmedia記事-

・ キャラは ブラよろ

posted by x3ru9x | reply (0)

「知らなかったほうが幸せだった、というのは、ない」派。

reply

それがどんなに自分の中で嫌な情報であっても。


ただ、その一方で、「思い出さなければよかった」ってのが自分の中でアリかどうかは未だにわからないまま。

どれもあくまで自分の中で。


何かを捨てるのが嫌だからあまり何も持たないようにする典型、なんだろうか。

単に欲張りで未練がましいだけかな。もともとなかったものがやっぱりなくなるだけなのにね。はは。


以下蛇足。

飲み屋で話してたこと。

その店の中の人んとこの子供がもうすぐ満1才で、離乳食なんかも喰い始めてて。

酒なんてのは発酵で、つまり腐ってるんだから、それは嫌がる方がむしろ自然で、それをうまいと思うのは、一面、劣化です、と。

ピーマンなんかだれがどう喰ったって基本苦いんだからそれは最初は直球で毒。苦かったり酸っぱかったりしたら問答無用で吐かないと危ない。

でも奴ら(ちっちゃいこ。ジュニア)は何喰ったって初めてなんだから、とも。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: 二次元>>>>>(越えられない壁)>>>>>三次元

鼻にも穴はあるんだよな…

reply

・Google Glassにリアルタイムロトスコープ機能がついて「スーパーサイエンス部に不可能の文字はないわ」みたいなことになる未来はまだかしら。

gtwt5j9e


これに興奮してるわけではございませんが。


37f7kg6u

continue ...

posted by zig5z7 | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/5330

reply

 この 5角形

posted by x3ru9x | reply (0)

富士山が世界遺産

reply

 富士山で何人も死んでる。 世界遺骨だ。

事故原因の共有も遺産と言えば遺産。

posted by x3ru9x | reply (0)

モノクロ線画の線のリファイン

reply

(クリック大別タブ)

 コントラスト境界から線を出すと どうしても線がきたなくなる。 その修正。 Skup の線もきれいにできると思う。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: コスプレで重要なのはコスの作り込みでもなければ顔や体型の造作でもない、

二次元>>>>>(越えられない壁)>>>>>三次元

reply

ああ、メイド服着てればいいってもんじゃねぇだろテナント内がまんまそこいらの安っぽい喫茶店じゃねえかってガッカリするアレですか。


・・・アレ?


余談

今からすごく失礼なことを書きますごめんなさい。ダメ人間が二次元>三次元の心理状態になると、生身の女性の脚や首筋に興奮することはあっても、顔だけは鼻の穴が付いているおかげでもうダメになりますよね。写真などで鼻孔が見えない角度で美しく写っているものなら良いのですが、生身とか動画とか、動いているともうダメです。アイドルオタクって心が広いなぁって思います・・・自分の心が病んでいるだけなんですけどね。

posted by sbifb4 | reply (1)

『舟を編む』観てきた。

reply

予告編を見て感心はあったものの、海のものとも山のものともつかぬ雰囲気が吉と出るか凶とでるか悩みどころだったので、公開から今日まで様子見をしてしまったのですが、床屋がすんだ後に丁度良く時間ができたのでシネコンに走ったのです。本編はまさに海山で、唯一無二の不思議な映画でした。


一人の男が辞書の編纂に携わり、長い時間の果てについに完成にたどり着くまでを淡々と描いた作品で、画面には唯々、一編集者の職場と自宅(と飲み屋)での日常が映し出されます。あらすじを言えばそれが本編の全てになってしまうほど、作中にあるのは普通の社会人の人生そのもの。


だからこそ働いている人の多くが、この作品の根底に流れているテーマに深い感慨を抱けると思うのです。ひた向きに仕事と向き合うことの大切さ、その結果、精一杯人生を歩むことのすばらしさ。地味で真面目な生き方に対する讃頌は、結果、何故か深く印象的な感動を記憶に刻みます。(逆に言えば、たぶん未就労の高校生とかがみたら酷くつまらなく感じると思う。)


俺も仕事頑張ろう、そう思えてくる映画でした。


余談1

この映画で目を引くのが、出版社『玄武書房』の辞書編纂室と、主人公の馬締光也の下宿先として登場する『早雲荘』の舞台セット。どちらも書籍の巣窟なのですが、特に木造二階建ての老朽家屋である早雲荘の「らしさ」は目を見張る物があり、大量に山積された本と生活感が融合した様は圧巻です。実際にどこかの戸建てを借りて撮影したのかと思いきや、パンフレットによるとあくまで舞台セットで、リアリティを追求するため建具やガラスなどは実際に古い物を探してきて取り付けた、とか。美術さんスゲェ!ってなる映画でした。


余談2

皮肉にも辞書がパラパラ漫画に適していることが理解できる映画でした。

posted by sbifb4 | reply (0)

コスプレで重要なのはコスの作り込みでもなければ顔や体型の造作でもない、

reply

撮るときの背景だ、と思う。

posted by zig5z7 | reply (1)

おー - 連休中にどうぞ。暮らしが楽になるライフハック40集

reply

http://www.gizmodo.jp/2013/05/gw40.html


この手の技って、キレイにしてある家でひとつふたつあるとかっこいいけど、こういうのだらけだと今ひとつかっこよくないというか、感心する方に行っちゃうというか、なんでだろう。


「DM一斉解除したい人は『unsubscribe』でフィルターをかけてみよう」はその手があったか。

ゴミ行きに振り分けてもいいし。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: シンティック 13HD

http://x3ru9x.sa.yona.la/5321

reply

 ツールを出しっぱなしにすると 描くエリアが小さくなる。 それがあった。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: http://raru9x.sa.yona.la/41

>しかし敷居が高く感じるなあ。

reply

わかりますわかります。前述の友人など、テーブルトークの会合にも飛び込みで参加しているらしいのですが、もうどんだけ人生バリアフリーなんだよと。ゲームマーケットはその点、チョチョっと参加/解散して楽しむことができますから良いかもしれません。


>将棋サロンとか囲碁サロンとか、似たようなのは日本にもありましたわ(・ω・)

自分も言われて気づきました。ちょっと堅苦しい雰囲気がしそうなイメージ・・・行ったこと無いので偏見ですが。実は縁側でスイカ食いながら指したり打ったりするような雰囲気なのかなぁ?

posted by sbifb4 | reply (1)

シンティック 13HD

reply

 13HD 出ましたねー。 11万9212円。  じゅーーー にまんえん !!   英語わかりましぇーーん。

・ Amazon http://inf.to/Mnh

posted by x3ru9x | reply (1)

Re: これ、語学学校の教材なんかにすごくいいんじゃないでしょうか。

ついでにいうと、

reply

ちょっと酒が入っていると、最高に盛り上がります>ディクシット

『仕組み(展開や流れ)に知恵を使うのが面白いゲーム』作りというのは想像できるんですが、こういった『プレイヤー同士のコミュニケーション自体が面白さとなるゲーム』作りというのは、自分にはどういう過程で作られるのか、着想の時点ですらまったく想像出来ません。


>ゲームのルールを自分達でどんどん変えていく

大貧民にローカル・ルールがしこたまあるのも、変化が盛んに起こった結果なんでしょうね。民族学的に神話や寓話が伝播の過程で変遷する様や、方言周圏論などが思い起こされます。


ゲームを楽しく感じる上で大切なのは、やはり(スタート時点での)公平感かと。そういえばかくれんぼや缶蹴りでは『ブタ』とか『マメ』とかいって、幼少の子は鬼にならないルールがありました。今にして思えばちょっと極端なバランス調整だった気も。


あれか、年長者は手首足首に重しつけてパワーウエイトレシオの調整するとか、いまどきの子供だったらマメは光学迷彩オッケーとか・・・・

posted by sbifb4 | reply (1)

Poser画像のカラー線画化

reply

(クリック大別タブ)

 縮小すると線が細くなり 繊細に見える。

しかし、線の入り方自体はあまりきれいじゃない。 線はコントラストの境界に出ているだけの機械的な線。

いい線にするには 処理前に線を手描きする必要がある。

 まぁ いろいろあるけど、まずは色調作り。 

● 元画像(デビアント)-

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: ‘創作脳が治らない’ (はてな増田)

背景画の中の "縄張り" 2

reply

 もし、インターネットが 縄張り となったならどうなるのか?

村 とか 城、陣地というふうに象徴的な形としては描けない。 勉強部屋のつなぎ合わせや、スマホをやっているシーンのつなぎ合わせになってしまいバラバラになる。 "俺たちが守るべきもの(守るべき領域)" みたいなシーンを象徴的に描くことが難しくなる。

 そうなると何かに置き換えるしかない。 それが図書館であったり、辞書編纂の作業場であったりする。

(建物の中には、コミュニケーションエリアと、ライブラリー機能があるはず)


 ここから逆に 縄張りはどう張るといいのか の見当がついてくる。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: ‘創作脳が治らない’ (はてな増田)

背景画の中の "縄張り"

reply

 背景画の中には そこかしこに "縄張り" がある。 主人公の陣地であったり、敵のアジトであったり、脇役の行動範囲であったり。 それは背景画の中で はっきり分かるように色分けされているわけじゃないので 目には見えない。 登場人物の振る舞いや言動を通して分かってくるもの。 (だから見逃してしまう。)

 縄張り意識は動物の本能で人にもある。 この本能を突かずして共感は得られない、っちゅうぐらい重要なもの。


 "縄張り" は 主人公が進むルートやお話の進行とも絡(から)んでいて奥が深い。

 (奥が深いので このエントリーは意識づけだけということにしておきます。 つづく )

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: ‘創作脳が治らない’ (はてな増田)

建築家 と アニメ

reply

(承前)

 このこと("背景画は2種類ある") はまた建築家のイメージ作法とも共通する。

 クライアント(施主) = 主人公キャラ。


● 施主目線で建物の中を動き回lり 建物を検証する = 主人公が見る風景。

(入浴中にトイレに行きたくなったとき トイレにササッと行けるかどうかを一人称視点で検証する etc)

● 雨が降ったとき、駐車スペースから家までの間に濡れないか (建物 斜め上から視点) = 主人公が今どんな状況なのかを掴む鑑賞者の視点。


 建築家も "成りきり (一人称視点)" と "天候からの目 (外からの目)" の2つの視点を持っている。


 建築とアニメは視点という点においてイメージ作法が共通している。


 建築やってる人は だいたいアニメが好き、イメージ作法が共通しているから はまるときはパコンとはまる。 事務職の人以上にはまる。

posted by x3ru9x | reply (0)

みんな騙されるな、実家の貧富が如実に現れるのはカルピスの濃さなんかではな い、

reply

カレーとかシチューとかの具沢山とシャバシャバ汁気とルー部分のコクとの折り合いの付け方だよ。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: 人生ゲーム(負け組)

これ、語学学校の教材なんかにすごくいいんじゃないでしょうか。

reply

メンツに依存する部分もかなり大きいとは思いますが、相手のこともほどほどに知ってるくらいからが面白そう。


以下蛇足。

ゲームのルールを自分達でどんどん変えていく、って経験、しなくなったなあ。

幼若男女(not老若)混淆のかくれんぼとか鬼ごっことか、そういう場で学ぶことって、多かったんだな。

非電源系のゲームが好きな人って、そういう、うまく言えない、「フェアさの調整」みたいな人間的スペック/スキルの部分に秀でてることが多いように思う。将棋なんかの何枚落ちとかそういうのってそういうことでしょう。

posted by zig5z7 | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.