favorites of fqmktw | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of fqmktwall replies to fqmktwfavorites of fqmktw

円盤持ってても。

reply

今日はひたすら、仕事が終わったらビール片手に金曜ロードショウを観ることだけを楽しみに頑張った。


「いっけぇぇぇぇ」

posted by sbifb4 | reply (0)

Re: http://q7ny3v.sa.yona.la/2240

Ingreスとか

reply

こちらはLVL9で止まってますが。

posted by zig5z7 | reply (1)

物語の半分は現状維持の記述

reply

 粛々と事が運ばれている様を淡々と記述する。  どうゆうふうに現状が維持されているのか、そこんとこ。

posted by x3ru9x | reply (0)

接客対話データベース、言い方を変えれば、「ママさんの引き出し」

reply

 ママさんの引き出しから どんな面白い返しを引き出せるか、それはこちら側の話の振り方次第 (アクセスルート、アクセスプロセス)。 これも "データベースとその周辺"。


 ドワンゴ 川上氏によれば、「コンテンツとは分かりそうで分からないもの」。

 ママさんがどんなデータベースをもっているのか、分かりそうで分からない。 一旦はそうしておいて その後、アクセスルートandプロセスを掛けていくことで いろいろ展開が起こり、その全体像が表出してくる。 = コンテンツ。


 一つの振りに対してママさんの返しのデータベースは実は1つ。 そして データベースの中のデータは3つ (最低3つないとデータベースではないから)。 そうゆう構造になっていて そうゆうデータベースがいくつもある。 素人のお客はそうゆう構造に気付かないから返しが20も30も塊としてあるように見える。



 また、

 "データベースとその周辺" を考え方のコアにもっていれば 既存のコンテンツを分解できる。


 コンテンツを作っていく創造のお話と、コンテンツを分解してしまう解体のお話の2つがある。


 一つにまとめ上げれば作品として楽しめる。 分解すれば素材として有用になる。

posted by x3ru9x | reply (0)

自然言語や人工知能を考え合わせることによってのデータベースの再発見、とい うことか。

reply

 データが3つ集まれば、それはデータベース。

 それと、データベース周辺のアクセスするルート (ルートプロセス)、コアはデータベース、その周辺にアクセスルート。 この2つの絡み具合。 そのへんの面白さ。


 情報が3つあったとして、その内の1つにどうアクセスするのか?

 アクセスのルート or アクセスプロセスによってデータベースが動的に組変わり 全体の姿がころっと様変わりする。 とか

posted by x3ru9x | reply (0)

アプリのコードから自然言語化が始まって、ウェブのコードも変わっていくのか も。

reply

 その可能性はある。 html から自然言語に近いコードへ。 and それ対応のブラウザへと。 まぁ まだまだ先の話ではある。


 HyperCard から始まった大きな物語が、また LiveCode から始まろうとしている。 そうとらえても面白い。 自然言語、人工知能の時代。


 そうゆうところに立つと、「今からFlash の勉強て.. 」 ということになる。

posted by x3ru9x | reply (0)

日常英語のようなLiveCode 6 プログラミング / 中学生・高校生&中高年のプログラミング学習

reply

プログラミング言語&統合開発環境
LiveCodeは人間の言葉に近いプログラミング言語です

日常英語のようなLiveCode 6


 HyperCard を自然言語(英語)で作っていくような感じ。 スタックという言葉を使っていてHyperCardを継承しているようなところがある。

 FlashやHtml5のようなコードではないコード、普通の言葉。 普通の言葉にコード性をもたせている。 (特定の文法位置にある語のプロパティー化とか)

 オブジェクトベース。 

 タイムラインでオーサリングするのではなく、カードに時間を持たせる。

http://livecode.com/

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: http://fyru9x.sa.yona.la/132

とりあえず、「すり潰されるため」だけに存在してるわけではないはずだ、とは 思います。

reply

ヘラヘラして息だけしながら何となく次を考える、というのはありでしょうか。


http://youtu.be/8Gkt-Qk31bI


とりあえず1発貼りますけど、自分が落ちてるときはあまり意図的に鼓舞しようとするとろくなことはないそうなので、上のを聴き始めて「あ、違うな」と思ったらすかさず閉じて「ねこ かわいい 動画」とかで検索して彷徨うのもいいかと思います。

posted by zig5z7 | reply (0)

好きなことを好きな時にやっておくのも大切だよな、と思う出来事が今朝あった

reply

さて、どうなるか。

posted by zig5z7 | reply (0)

センスいい。

reply

モノはR.I.P.なんですけども。


ewikg6up


フフッとなる送り方というのは、あっていいと思う。

posted by zig5z7 | reply (0)

WindowsでもOSXでもLinuxでもHyperCard。 - Ren'Py Hypercard Framework by Eliot Gardepe

reply

ゲームエンジンRen'PyでHyperCardを再現。




ようやるわ。


Ren'Pyは本来かたわ少女(ステマ)やNo One But You(ステマ)のようなビジュアルノベルを作るためのものなんですが、どこの世界にも変態はいるようです。

posted by zig5z7 | reply (0)

どんどん頭が単純になっている  暑い

reply

 要点だけのもの

 早く終わるもの

 説明のいらないもの


  の方へ

posted by x3ru9x | reply (0)

ハンバーグ

reply

あれが日本でここまで普及したのは、肉料理の中でほぼ唯一、「箸で切れる」からではないか。

もう「普及」って言っちゃいましたけど人口に膾炙とかそういうめんどくさい言い方はいいですよね。普及で。


いやいや、ほろほろの角煮だってあるだろう、等の反論はあると思うんですが、あれは高度成長前夜くらいからの核家族なご家庭ではなかなか作りづらいんじゃないかと。挽き肉をペチこねペチこねして丸めて焼く方が楽そうだもの。

あげくに、いま、下手すると買うしね。インダストリアルに。


つみれ/つくねって言うほど固くもないんだよなあ。あれは箸ではぎりぎり切りづらい。

切ろうと思えば切れるんだけど、切ったところで別に骨を外すわけでもなく、ただ切るだけ。冷奴と一緒。だったら齧った方がいい。つみれ/つくねは冷奴と違って持ち上げられるんだから。


箸について考えてたけど思考が散らかってきたのでおわり。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: 強盗「動くな、動いたら撃つぞ」

「武器の損耗を遅らせられる」という大きなメリットが。

reply

・この思考もそこそこサイコパスかとは思います。


・あ、オレ、ゲームではラストエリクサー症候群です(必死に取り繕う)。


・とりあえず、霊長類最強系女子・吉田沙保里がいたら真っ先に解放した方が、いや、、、こいつだけは下手に解放する方が危険か。悩むところです。


・船に乗るときは、コックとしてスティーヴン・セガールが乗船していないか確かめる。

posted by zig5z7 | reply (0)

強盗「動くな、動いたら撃つぞ」

reply

っていうのは、撃たずに済ませることになんらかのメリットがある場合で、目的を第一に考えるなら声などかけずに問答無用で打てば良いはず。


ここでいうメリットについて考えると、

・より重くなる罪による呵責の軽減

・脅されている側に対しての、なんらかの同情心

あたり。人間的ではあるけれど、自己中心的な心理に基づく一方的な配慮だと思う。


でも、一方的とはいえそんな配慮をする人間が、実際に「動いた」ら、その瞬間に躊躇なく撃てるもんかなぁ

?という疑問が。セリフを言っている時点で弱さを露見させている気がする。


大量の人質を確保したときに女性と子供だけ先に開放するシチュエーションなんかもあるけれど、自分が犯人で目的の達成を第一に考えるなら面倒な成人男性から放出するけどな。


なんなんだろうね、あれ。

posted by sbifb4 | reply (1)

デモ版配信開始。

reply

例によって連絡は受けていないまま突然配信開始と相成りました。

https://sekaiproject.com/noby/

まだ英語版だけ。


なんと早くも実況動画が上がっております。

軽く声色を使い分けてノリノリな実況。


posted by zig5z7 | reply (0)

ゲーキャプ画像の線画着色 ローマ その2

reply

(拡大)

● モノクロ線画


(拡大)

● 元画像


(拡大)


 夏の静止画はパキッとしていた方がいい。

 Machinima劇画 (マシニマ劇画) という二次制作物を作れるかもしれない。

 幅 1920px の元画像を50%にすることで密度が出た。


● ゲーキャプ画像 = ゲームキャプチャー画像


● Ryse: Son of Rome 公式、動画あり - http://www.xbox.com/ja-JP/xbox-one/games/ryse/Product/home

● ゲームプレイ動画 - https://www.youtube.com/watch?v=xmV4CdNdx0k

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: 制服が便利な理由。

制服が似合わなかった時の悲壮感。

reply

男女問わず最大公約数的にデザインされているはずなんですが、それでも似合わない子がやっぱりいて、三年間着続けるのシンドイんじゃ・・・とか思っちゃう。本人が気に入っていれば余計なお世話なんですけどね。


アニメは総じて私服でも同じもの着続けていても気にならないよう、既に能が調教されている感じ。たぶんサザエさんとか藤子アニメあたりで鍛えられた。


同じ服を着ているのは、パタリロみたいに世界中のデザイナーに『自分に似合う服』を発注したのにすべて同じデザインのものが上がってきた、みたいな理由なんですよ、きっと。


この国でも人民服、導入してくれませんかね?冠婚葬祭オールシーズン無問題みたいなヤツ。喜んで着るから。

posted by sbifb4 | reply (0)

制服が便利な理由。

reply

毎日おんなじ(ように見える)ものを着てても別におかしくないから。


服が替わっていることで時間の経過を示す、という手法は実写ではよくあるけどいわゆるアニメではあまりないように思います。

あれ、描くのがめんどくさいんですよね?描くというか設定を決めておくというか。

アニメを見る方も、「この子いつも同じ服着てる……お金ないのかな……」などとはあまり思わない。そういうもんだと思って見てる。記号として。


実写ではそこを管理する専門の人がいるケースすらあると聞きます。そりゃそうかも。物語の流れと撮影の順序が違うとき、同じシーンで服や持ち物が違ったまま撮ったのを繋いじゃったり、ドアを開ける前と後で髪型が違ったりしたら大事故だもの。


オレが出た高校は私服通学が許可されていてほとんどみんなそうしてたんだけど、たまに、制服で通してる生徒もいた。

「だって楽なんだもん」とのこと。特に女子。ですよねー。

posted by zig5z7 | reply (1)

Re: http://q7ny3v.sa.yona.la/2238

アニメ制作時に実際に使ったデータを売ってるケースが。

reply

シドニア堂

https://sidonia-3dmodel.com/index.php


理屈ではこれを買って3Dプリンタに喰わせて色塗って同じような光を当てれば、ほぼ同じに見えるはずなんですけど、どうなんだろう。

よく「セルルックのモデルはシェーディングで見ると奇形に見える」という話を聞きますが、それは線を出す、フォルムを取るのに必要な情報以外なるべく省いているからです。

「シドニアの騎士」モデル販売のデータを見てみました


常に輪郭線がある前提だとまた違うんだろうなあ、等。


やや違うパターンで、イラストにしか見えないガンプラを作ってる人。

http://mumumuno53.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

プラモデルを写真に撮るとこうなる。

いやいやいや、これ、絵だろ。これは実物を見てみたいです。


スネ夫の正面についてはいろんな人がいろんなアプローチで再現を試みていますが、

http://matome.naver.jp/odai/2136877478591910701

例えばテンキーの数字で0を除いた1〜9の「1・3・5・7・9」の位置等、最低でも3つ以上は常に見えるように保険をかけてあるものが多い印象です。「1・8・6」の3ヶ所(あるいはその鏡映/回転対称)という説をあまり見ません。

個人的には、「2つしか見えていない瞬間も実はあるのだが、そう見える角度が限定されており遭遇するのは稀で、作中人物にとっては印象に残らないため、視聴者に対して明示的に描かれることもない。あくまで作中人物が認識している記号として常に3つ描かれているに過ぎない。よって、1・8・6」説を採りたい。

posted by zig5z7 | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.