favorites of fqmktw | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of fqmktwall replies to fqmktwfavorites of fqmktw

アメリカ人

reply

 夕飯のテーブルの上にコーラが並んでいて、肉やシチューを食べたあと そのコーラをゴクゴク飲む。 そしてその後に ゲップする。  アメリカ人の晩飯コーラのあとのゲップ。  ウゲーー !!、 耐えられない。


 アメリカ人の ゲップ ゲップ ゲップ。

posted by x3ru9x | reply (0)

工業製品だらけの文明に壁を感じて、沈思黙考しながら野菜工場に取り組む

reply

 これも ポストモダン。

 野菜工場とはポストモダンの一つの象徴、そう文脈付けるのもいい。

-----

(ニュース)

posted by x3ru9x | reply (0)

今朝の空気は澄んでいるなぁ、と思って大気汚染マップを見ると、やはりグリー ンだった。

reply

 4、5日前、空気が淀(よど)んでいた。 違いが分かる。


 マップ http://aqicn.org/map/china/jp/

posted by x3ru9x | reply (0)

石膏は白いけど石膏デッサンは黒い  本当の石膏デッサンとは

reply

 色を抜いていくことで白いものを描く。 それができるのがデジタルペイント。

リアルの絵具は基本的に色を盛り込む方向。

 そもそも 人の顔には色がある。 その顔の色を抜くことができれば顔が白となり、白いキャンバスとなる。 そうしてその白いキャンバスからもう一度スタートする。

 この往復の方向性が必要なのではないか。


 つまり、これが本当の "ぬりえ" なのではないか。 このことが正解なら "ぬりえ" こそお絵描きの基本。


 色を抜く作業があるのが本当の "ぬりえ"。  面白い。


基礎デッサンじゃない、"基礎ぬりえ" だ。

posted by x3ru9x | reply (0)

部屋の中を青い光で充満させる

reply

(拡大)

● 元画像 Vray画像 デビアント -


 上の部屋の場合、光が当たっているところはブルー、影の領域はそのまま。 これを、

● 光がブルー(セルリアン系) なら 影もブルー(青紫系)にする

● 対象が何色かを出す (レンガ色の建物、樹木は緑)

 と、下になる。 このあたりがどうも背景画のコツであるような。 

 青い光で空間を満たすと視点がたどる道筋が整理されて奥までスーと見える。 そのへんも背景画のテクニックなんだろう。


● 元画像 Lunion3D画像 -


 影を描いていって形を描き出すのはキャラクターの方で、背景画は光の通り道(光を受けて発光ぎみになった面のつながり)を描き出すようにする。

posted by x3ru9x | reply (0)

テラヘルツとは

reply

(拡大)

posted by x3ru9x | reply (0)

うまい棒の見せ方  象のお尻の下で見せる

reply

(拡大)

 食べれます。 うまいです。

 画像にも文脈があるわけなんですねー。

 人間もフンコロガシ。 スカラベ。 頭の中ではク○ 食って生きてまーす。 食わせたり、食わせられたり。


 「うまいけど、こんな食べさせられ方いややーー。」  そこに食文化あり。 食文化と絵の文脈。

posted by x3ru9x | reply (0)

ポストモダンとは

reply

>>

「ポスト」はラテン語で「後に来る」とか「次の」といった意味です。

「ポストモダン」とは「モダン(モダニズム=近代主義)の次の」という意味で

思想・哲学・建築・文学の分野で使われる用語ですが

ここでは思想・哲学に限定しましょう。


西洋史上、「近代」は概ねルネサンス、大航海、宗教改革以降の時代

特に市民社会と資本主義を特徴とする時代を指します。

そういう意味では現代も「近代」の延長上にありますが

1900年代後半から近代主義を批判する文化上の運動が活発化し

これ以降の時代を「ポストモダン」と呼びます。


思想・哲学史上における「ポストモダン」の代表的なモノに

1960年代に流行った「構造主義」があり

構造主義の流行が去った後の、構造主義の成果や反省を踏まえた次世代の思想を

「ポスト構造主義」と呼びます。

ちなみに現代は思想史上では「ポスト構造主義」時代にあたります。


このように、ポスト構造主義とかポストモダンというのは

時代区分の一種であって、その流れに属す思想は実はいろいろあります。

それゆえに一言で言うのは難しいのですが

共通する特徴として

●近代の行詰りを克服すべく、近代をいろいろな角度から反省している

●なかでも「形而上学」を反省しようとする態度が大きい

といったことが挙げられると思います。

ちなみに、ポストモダンの条件』を著した哲学者リオタールによれば

「ポストモダンとは大きな物語の終焉」だそうです。

何のことやら、よく分かりません。


形而上学というのは西洋哲学の主流の思想で

古くは古代ギリシャのアリストテレスによって始まり

「我思う故に我あり」で有名なデカルトによって一旦の完成を見た

(と教科書で教えられた筈の)ものです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2235577.html

<<


 モダンが元気溌剌なら、ポストモダンは アンニュイな、内省的な、半音下がったような、そんなニュアンス。

● モダン → きっぱりとした白。

● ポストモダン → 白にニュアンスがつく。 少し黄ばんだような、隅っこがにじんだような。


 ブラウンやアンバー系の色までは行かない。 あくまで白の範ちゅう。 基本は白。 白がイメージカラー。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: もうドングルにしようぜ

一応、突っ込んでおくのが礼儀ですかね?

reply

節子、それドングルちゃう。blu-rayや。


確かにHDDを媒体にしている限り、常に死と隣り合わせなんですよね。

ユーザーだって、映像を見ることが目的なのであって、メディアやストレージを溜め込むことが目的なんではない。

ぶっちゃけ、、オンデマンド配信で安いと感じられる値段で提供されれば、面倒な自己管理から喜んで解放されるんですけど。観返したいと思ったものが都合よく配信されているとはかぎらないですし。うーん。

posted by sbifb4 | reply (0)

中国から流れ込んでいたスモッグが気流の流れによって西日本から晴れていく

reply



 もう はっきり出ている。 最近、空気が澄んでいない状態が感覚でわかるようになった。 2、3日前はなんとなく淀んでいた。

posted by x3ru9x | reply (0)

Vue画像のイラスト化

reply

● 元画像 -

● ソフトトーン 1 強 -

● ソフトトーン 2 中 -

● 線画調 -

 1枚から3枚作って合成。

posted by x3ru9x | reply (0)

三菱樹脂、豪に5000平方mの植物工場を建設−葉物野菜を来春出荷:日刊工 業新聞

reply
 三菱樹脂は20日、豪州ビクトリア州に約5000平方メートルの太陽光利用型植物工場を建設し、2015年春にホウレンソウやルッコラなど葉物野菜を出荷すると発表した。同植物工場では水利用量を露地栽培の約3分の1に節約できるため水不足に強いなど、野菜の生産量や品質を安定化できる。中国に続く海外展開として、現地の高級スーパーに無農薬の葉物野菜として販売する。

日刊工業新聞


 野菜工場の輸出。 LEDは使っていないみたい。

posted by x3ru9x | reply (0)

秋葉原REDZONEも逝ったか

reply

http://twitter.com/Akiba_REDZONE


クレバリーの跡地にあった店。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: SeeQVault

もうドングルにしようぜ

reply

・イメージはETCカードです。

録画の時点であれを刺しておかないとそのマシン縛り。刺してあったら、コンテンツを持って行った先でも認証すれば見られる。

Tカードでも免許証でもいいから機器に何か刺して認証。免許証なら年齢認証も手堅い。もちろん再生回数やリピートしたシーンはソフトハード双方のメーカーに筒抜けです。R18な動画を見るたびに生き恥を晒しに行くスタイル。


・どうせドングるなら、ドングル自体の中にソフトを入れて販売してしまえばいい。なにか金属のようなものにレーザーで信号を刻んでおいて、それを再生機器で読み取るようにすればいいんだ。金属面は透明で丈夫なもので保護しよう。ポリカーボネートとか。持ち運びに便利なように全体が薄い方がいいな。 読み取りは線状に行うのが楽だから、形は円形にしよう。これは売れるぞ。再生機器もどんどん売れる。4社で組めば無敵だ。

桶屋が儲かる。


・うろ覚えですが、1本のアプリを複数台のマシンにインストールしていた人がメーカーに訴えられて、訴えたメーカーが負けた例があったような。

もちろん複数台へのインストール禁止は規約にしっかりうたわれていて、それでも負けた。

なんでも、マシン同士が離れた場所にあったので、同時に利用することができない、そんな状態ならそれらはもはや複数台とは呼べない、みたいな理由だったと思います。ズブズブな理由だけど確かにそれは一面その通り。


・ってこの技術さー、、、結局、そのHDDなりなんなりが飛んだらサヨウナラって部分は変わってないじゃんよ。。。あくまで再生機器を選べるようになっただけで。まるで成長していない……

だったら、それこそiCloudみたいに、録画したアカウントは再ダウンロードできるようにするとか、なんかあるだろうよ。それならリビングと寝室で2回落とせばいいんだから。

なにもユーザの数だけクラウドストレージを用意することはないんです、局のアーカイブから直接落とさせればいい。録画することで再ダウンロード権が生まれるだけでいいの。

posted by zig5z7 | reply (1)

Re: 最新のiTunesの真っ赤なアイコン、どうにかなりませんかね?

後のRRoDである

reply

posted by zig5z7 | reply (0)

SeeQVault

reply

SeeQVault




えーっと、そんなことするくらいなら、TVやHDDレコーダーからDLNAサーバー機能付きのNASにダイレクト録画できるようにすればいいだけじゃないんですかね?スカパーチューナーみたいに。

これが実現したからといって、外付けHDDを都度持ち歩いて抜き差ししようなどという気になるだろうか。(100%ありえない)

家電大手4社が雁首揃えてこれって、本当にどうなんですかね?


nasneがトリプルチューナーで、複数ドライブの外付けUSBハードディスク(容量上限なし)対応だったら、圧勝なんだけどなぁ。そういう製品がほしい。

posted by sbifb4 | reply (1)

Re: CD

最新のiTunesの真っ赤なアイコン、どうにかなりませんかね?

reply

>シングルは鮮度がいいだけなので相当気に入った曲か特典目当てのときだけ

ばらかもんはOPもEDも円盤のみでしか購入できない販売法だったので、踏みとどまっちゃった最近の事例。

流石にもう、一曲だけが目的のために千円以上なんて出せないよなぁ。


>日本にまだCDが残ってるのはレンタルのおかげだ、と某CCCの人が話しているのを見たことがあって複雑な気分になったことがあります

あの会社も、いまさら萌え系出版業に手を出したり、めっちゃ迷走してますよね。先月雑誌が廃刊になってWEB展開のみになったみたいですが・・・

自分とこの会社もそうですが、先行きが収束以外にありえないとわかっている業種を他事業に転換してゆくのは本当に大変だと思うのです。会社の規模が大きければ大きいほど尚更。経営体力があるうちに勝負しないと。

ブラザーみたいな成功例は稀なんですかねぇ・・・・

posted by sbifb4 | reply (1)

深夜の大掃除。

reply

キーボードのキートップを全部外してフッフッして除菌スプレーを染み込ませたティッシュで拭いて戻しただけなんだけどやっぱりすごく気持ちいい。


ということで、このキーボードを買った人が必ず一度は試すあのスタイルで驚きの黒さを表現。


gdf9ersh

このスタイル、実際、けっこう打ちやすいです。でも普段からこうしようとはあまり思わない。たまにはいいかも程度。


このキーボードの何がいいって、外したキートップを戻す時、段さえ合ってれば真ん中らへんは嵌め間違いが事実上ほぼないこと。特に最上段は端から端まで完全互換です。ただし、各キーの裏には記号と番号の刻印があるので、出荷時の並びは一応決まっているのかも。あるいはロットの都合。

posted by zig5z7 | reply (0)

産総研、光ネットワークの情報量で経路切り替える技術開発−消費電力1000 分の1:日刊工業新聞

reply
 産総研を中心に、NTTや富士通、古河電気工業、NEC、フジクラ、住友電気工業など民間10社の協力による成果。さらにNHKと連携し、8Kスーパーハイビジョンの配信を含む公開実証実験を行い、開発した新しい光ネットワーク技術が低消費電力で動作することを実証した。
 高精細映像などの大容量の情報のやりとりにこのネットワーク技術を使うと、今後、トラフィックが数千倍以上に増えたとしても、現在と同程度以下の消費電力に抑えることができるという。今回、わずか6キロワットの消費電力で、現在の国内の総トラフィックの36倍に相当する毎秒90テラビットの情報を扱えることを確認した。

日刊工業新聞

posted by x3ru9x | reply (0)

影作り やや深い影

reply

(拡大)

 いろんな影を自然に見えるように混ぜた。

posted by x3ru9x | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.