favorites of fqmktw | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of fqmktwall replies to fqmktwfavorites of fqmktw

http://x3ru9x.sa.yona.la/8130

reply

posted by x3ru9x | reply (0)

神は細部に宿る

reply

ゴミから作ったカバンが有名なFREITAG

トラックの幌の再利用だそうで、洗ってから作るとはいえどうしても全体的に薄汚れてはいる。


小さく付いてるロゴは新品で、ここだけ白い。

それが見えているだけでなんとなく小綺麗にまとまって、他のヘタりも味に見えてくる。

ただし逆に言えばここが汚れると一気に全てがゴミに見えて、しかも白くてゴムっぽいから汚れやすい。


これをきれいにするには、爪で引っかいてだいたいこそげ取った後で消しゴムかけるとけっこういいです。

posted by zig5z7 | reply (0)

かぐや姫

reply

posted by x3ru9x | reply (0)

ホンダ、ロスでFCV(燃料電池車)初公開-15年に日米で発売

reply

 近未来カー。 その一方で かぐや姫。

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/8115

reply

 かくや姫で チープなギラギラCG動画が全否定されたなー..  Poser 静止画も危うい。

Vue & 画像処理 は ギリギリセーフ。 いや、アウト。 いや、セーフ。  セーフにしておこう。

posted by x3ru9x | reply (0)

‘『かぐや姫の物語』に震撼する理由’ (アニメ評論家、藤津亮太)

reply

-

 画面の情報量が少なく、実写のような空間感もない。にもかかわらず、映画の中に現れるかぐや姫が、翁が、媼が、いとおしく感じられる。こういう人は身近にもいるように思えるというリアリティを持って迫ってくる。それは、素朴な描線が生き生きとその振る舞いを描き出すからだ。その線そのものに、迫真性が宿っている。


 音楽や絵画、あるいは建築などは、ある様式が極まった時、突如先祖返り的な素朴な表現へと立ち返ることで突破口を見つけてきた。『かぐや姫の物語』の「絵画的迫真性」への転換もそう考えられる。


 だが『かぐや姫の物語』が過激なのは、アニメの黎明期である1960年代などへ戻るのではなく、さらに時間を遡って、描線による迫真性の元祖ともいえる平安時代の絵巻物の表現へと至った点にある。つまり『かぐや姫の物語』は、「映画的迫真性」の方向に進まなかった、もう一つのアニメーションの可能性を体現しているのである。

-----


 んーー、 まぁ、考えずに感じろ、ということか..

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/8113

reply

 平地を歩き続けるハイジ って何かおかしい。  斜面を登ったり下ったりしないと..


 どうでもいいか...

posted by x3ru9x | reply (0)

アニメ背景画はモネの色調に近い

reply

 基本はモネ。 風立ちぬ で傘を差した女性がいたのは象徴的。 あれだけでも語っている。


 かぐや姫の背景画はモネじゃない。 純和風。

posted by x3ru9x | reply (0)

お化けの数え方が気になってちょっとぐぐってみたら。

reply

http://www.benricho.org/kazu/a_o.html#obake


人の状態なら、助数詞はとりあえず「人」でいいような感じ。


で、人の状態ってどんなのよ。

特に和物。足がなければ七掛けとかでもいいんじゃないのあれ。

posted by zig5z7 | reply (1)

http://x3ru9x.sa.yona.la/8111

reply

 かぐや姫がヒットすれば、あーゆー絵が旋風を巻き起こす。

 ピクサーのようなCGアニメは洋物で 琴線に触れてこないエンタテイメント、かくや姫は琴線にふれてくる純日本アニメ。 そんな感じになってくる。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: Vue画像の加工

(つづき) キャラ入れ  ハイジ

reply

(クリック別タブ)

● 背景だけ -

● 前のクッキリ画像 -

 画像のコントラストを弱めて控えめに。

んー、背景画がちょっと苦しい。 アニメ絵とギャップがあるような。 緑が弱い、もう少しクッキリ感がほしい。 青はいいけど。 やっぱり緑か..

posted by x3ru9x | reply (0)

Vue画像の加工

reply

(クリック別タブ)

 印象派のような気持ちのいい明るさ。

● 元画像 (コーヌコピア3D) -

● 元画像の色を変えただけのもの 色調整版 -

posted by x3ru9x | reply (1)

Re: パイプ椅子は、

木目調カラーボックスすげえ、、、

reply

これを越えるのはちょっとないんじゃなかろうか。


ものすごい和製英語(でも他の外国語でも)がまとまってるページはないか。

「これは通じません」では済まないようなの。

フリーターとかもたぶん同じ箱だけど元の単語が壊れてるからちょっと弱い。


以下逸脱。

例えば英語なら英語で「すごいブリテンと北部アイルランド」と言う国がありますが、あれは自国語で言ってて照れないんでしょうか。別にあの島、すごくもなければ大きくもなくね?「大日本帝国」みたいな匂いを感じます。

そういうのを堂々と言えないようではああいう態度は取れないんですかね。そんな気もする。

もっとも、確かに昔は日の沈まない国ではあったらしいから、「すごい」は「王国」にかかってるのかもしれませんが。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: http://q7ny3v.sa.yona.la/1782

そこから「マッサージチェア」に取れなかったオレはもうダメだ

reply

おそらくそれが最後の分岐点だったのに。


「マッサージチェア」って英語で通じるかな。なんとなくだめそうな気はする。

posted by zig5z7 | reply (0)

Clear Glass by Neon-Monkey on deviantART

reply
w9gcfdqv

http://neon-monkey.deviantart.com/art/Clear-Glass-173569515

 いい感じのマテリアルが多数。 関連のところ。


● Neon-Monkey さんメインページ - http://neon-monkey.deviantart.com/gallery/

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: 「パイプ椅子」

パイプ椅子は、

reply

プロレスの場外乱闘の為にある道具。子供の頃はそんな風に思っていた時期もありました。


カラーボックスとか、凄いですよね。外国人には全く意味不明だと思う。

木目調カラーボックスとか、もう何が何だか。

posted by sbifb4 | reply (1)

「パイプ椅子」

reply

ふと気になった単語。


なるほどパイプだし確かに椅子で、「折りたたみ椅子」より短くて言いやすい。言うときは「ぱぃぷぃす」みたいになっちゃいますが。


「パイプ椅子」って、例えば「MIDI音楽」みたいに、何を指しているのかはそこそこの精度でわかるけどよく考えると全く不正確、な単語としてはものすごい定着率だなあ、と思っただけ。

パイプ椅子、と聞いて思い浮かぶのは、日本育ちなら、ほぼ間違いなく、ああいう風にたたまれるあれのことだし。

posted by zig5z7 | reply (2)

とても良かったので話させてください。

reply

昨日、自分の多角的趣味を熟知した妹からインタレストマッチよろしくメールで『BSプレミアムで植物男子ベランダーなる番組が放送されるのでチェケラ』との一報が。言われるままに観てみたんですが・・・・


いやー、非常に面白かったです。


田口トモロヲさん演じる中年主人公のほぼ一人語りドラマなのですが、さえない独り身がひたすら植物を愛でます。ええ、既視感を覚えます。我が身に。

物語は主人公であるところの『私』が、マンションの一室での植物育成に力を注ぎ、四苦八苦し、時に挫折し、いろいろと思うところを独白として垂れ流す、終始その一点に尽きます。そこで行われる『私』と植物との対話は、たとえ熱心な”ベランダー”でなくても、多少の植物育成歴がある方なら共感を覚え得るものです。

原作はいとうせいこうさんのエッセイとのことで、確かにドラマというよりエッセイそのままの映像化と言ったほうが近いかもしれません。

更にこの番組がカオスなのは、ドラマパートの間に時折、Eテレの子供向け番組よろしく『草冠のつく漢字を紹介するコーナー』や『花にちなんだ歌のコーナー』などのコンテンツが挟まれる点。やべぇ、おもしれぇ。


今回はプレ放送らしかったのですが、人気が出れば来春からのレギュラー放送が検討されているそうなので盛り上がって欲しいところです。とりあえず再放送やろう。是非。


追伸:


7tyg6upt


サフラン、本日開花しました。

posted by sbifb4 | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/8019

reply

 「 あ~、 シンフォニーが聞こえてきた。 」


   12月にこれを言うとうけます。 お使いください。 フリー。


 「 ペートー 鼻炎。 」  これは おやじギャグ。 オプション。 


   Pro版が必要な方は、第九の鼻歌 歌ってくださーー い。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: ほっちいいいいいいいいいprprprprprprpr

ごめんなさいごめんなさい変態でごめんなさい。

reply

ストリップショーのどぎついピンクのスポットライトより、夜明け前、レースのカーテン越しに窓辺から差し込む青い朝の光のほうが、より肢体をエロく浮かび上がらせると思うのです。(挨拶)


れたっちーprpr。金属のスパナと人肌の質感が全く同じってのも、違和感の原因かもしれませんね。


同じ等身大でも球体関節人形の自然なエロさはステキ。あっちのが本来不気味の谷に近いはずなのに。謎。


そういえば裸オーバーの起源ってなんなんですかね?

裸エプロン、裸ワイシャツまではいけるんですが、裸オーバーは高等すぎてまだちょっと踏み込めません。


次女の等身大が思いの外ちっぱいで、俺の中で俄然好感度アップ中。

posted by sbifb4 | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.