favorites of fqmktw | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of fqmktwall replies to fqmktwfavorites of fqmktw

Re: 「パイプ椅子」

パイプ椅子は、

reply

プロレスの場外乱闘の為にある道具。子供の頃はそんな風に思っていた時期もありました。


カラーボックスとか、凄いですよね。外国人には全く意味不明だと思う。

木目調カラーボックスとか、もう何が何だか。

posted by sbifb4 | reply (1)

「パイプ椅子」

reply

ふと気になった単語。


なるほどパイプだし確かに椅子で、「折りたたみ椅子」より短くて言いやすい。言うときは「ぱぃぷぃす」みたいになっちゃいますが。


「パイプ椅子」って、例えば「MIDI音楽」みたいに、何を指しているのかはそこそこの精度でわかるけどよく考えると全く不正確、な単語としてはものすごい定着率だなあ、と思っただけ。

パイプ椅子、と聞いて思い浮かぶのは、日本育ちなら、ほぼ間違いなく、ああいう風にたたまれるあれのことだし。

posted by zig5z7 | reply (2)

とても良かったので話させてください。

reply

昨日、自分の多角的趣味を熟知した妹からインタレストマッチよろしくメールで『BSプレミアムで植物男子ベランダーなる番組が放送されるのでチェケラ』との一報が。言われるままに観てみたんですが・・・・


いやー、非常に面白かったです。


田口トモロヲさん演じる中年主人公のほぼ一人語りドラマなのですが、さえない独り身がひたすら植物を愛でます。ええ、既視感を覚えます。我が身に。

物語は主人公であるところの『私』が、マンションの一室での植物育成に力を注ぎ、四苦八苦し、時に挫折し、いろいろと思うところを独白として垂れ流す、終始その一点に尽きます。そこで行われる『私』と植物との対話は、たとえ熱心な”ベランダー”でなくても、多少の植物育成歴がある方なら共感を覚え得るものです。

原作はいとうせいこうさんのエッセイとのことで、確かにドラマというよりエッセイそのままの映像化と言ったほうが近いかもしれません。

更にこの番組がカオスなのは、ドラマパートの間に時折、Eテレの子供向け番組よろしく『草冠のつく漢字を紹介するコーナー』や『花にちなんだ歌のコーナー』などのコンテンツが挟まれる点。やべぇ、おもしれぇ。


今回はプレ放送らしかったのですが、人気が出れば来春からのレギュラー放送が検討されているそうなので盛り上がって欲しいところです。とりあえず再放送やろう。是非。


追伸:


7tyg6upt


サフラン、本日開花しました。

posted by sbifb4 | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/8019

reply

 「 あ~、 シンフォニーが聞こえてきた。 」


   12月にこれを言うとうけます。 お使いください。 フリー。


 「 ペートー 鼻炎。 」  これは おやじギャグ。 オプション。 


   Pro版が必要な方は、第九の鼻歌 歌ってくださーー い。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: ほっちいいいいいいいいいprprprprprprpr

ごめんなさいごめんなさい変態でごめんなさい。

reply

ストリップショーのどぎついピンクのスポットライトより、夜明け前、レースのカーテン越しに窓辺から差し込む青い朝の光のほうが、より肢体をエロく浮かび上がらせると思うのです。(挨拶)


れたっちーprpr。金属のスパナと人肌の質感が全く同じってのも、違和感の原因かもしれませんね。


同じ等身大でも球体関節人形の自然なエロさはステキ。あっちのが本来不気味の谷に近いはずなのに。謎。


そういえば裸オーバーの起源ってなんなんですかね?

裸エプロン、裸ワイシャツまではいけるんですが、裸オーバーは高等すぎてまだちょっと踏み込めません。


次女の等身大が思いの外ちっぱいで、俺の中で俄然好感度アップ中。

posted by sbifb4 | reply (1)

Re: ほっちいいいいいいいいいprprprprprprpr

一瞬「ゆいでさえ」と読んで「え?」ってなったオレはもうだめだ

reply

posted by zig5z7 | reply (1)

Pixiv のブックマークタグ

reply

 Pixiv において、


・ ブックマーク時に ブックマークタグを付ける。

   ↓

・ そのタグをクリックすると、そのタグに関連したおすすめ画像が出てくる。

   ↓

・ その画像は いい画像ばかり。

   ↓

・ いい画像が出てくる有料検索を申し込まなくていい。 (つまり、タグ付け = 有料検索代替)


  有料検索を片方に置いて、もう片方にこのタグの仕組みを持ってくれば、ブックマークが促進される。 (よく見て回る → 滞在時間が長くなる) なるほどね。 考えてあるなー。


 and、有料会員になれば、お絵描きツール体験版のシリアルナンバーが発行されて継続使用できるようになっている。


 つまり、pixiv にとっては、ユーザーのタグ付け行為が成長エンジンの一つ。

posted by x3ru9x | reply (0)

ノイタミナショップ行ってきた。

reply
shf9ersh

ほっち−!


fdnx7kg6

ほ、ほーッ


7ke83x7k

continue ...

posted by sbifb4 | reply (1)

「猫は、必ず、足を下にして着地する。

reply

また、バターを塗ったトーストは、必ず、バターが塗られた面を下にして床に落ちる。


故に、猫の背中にトーストをくくりつけ、上にバターを塗っておくと、そのトースト猫を落とした場合は足とトーストが互いに下になろうとして空中で回転を始めるため、着地することができず、床面すれすれで浮いたまま回り続ける」


という話がある。


スマートフォンも、両面ともディスプレイになっていてくれたら、床面すれすれで浮いたまま回転してくれないかな。


関連

もうiPhone、割れない? アップルがiPhone落下時の姿勢を制御する特許を申請

http://www.gizmodo.jp/sp/2013/10/iphoneiphone_21.html

次回「スマートフォン大地に立つ」君は生き延びることができるか。

posted by zig5z7 | reply (1)

Re: 既視感

もう、何の順だかわかんなくしよう

reply

年齢だと非公開のがたまにいるしなあ、、、いない場合はすごくいいですね。


どうせ五十音順なら、スタッフも全員混ぜてしまえばいい。

主演だろうが照明だろうがケータリングだろうが高橋レーシングだろうが、字の大きさは当然みんな同じです。

役名や担当はカッコ書きで名前の後ろにでも。


「先着順」とかも。早く撮ったシーンの人から。かち合ったら、その現場への入りが早かった人から。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: 公式サイトを見てみたら

既視感

reply

ゴーリキー、表情が誰かに似てるなぁと思ったら、スケバン刑事やってた頃の斉藤由貴がよくこんな表情してたと思いだした。80年代顔。


鈴木京香的には、今後、良い「大女優(年齢的に)」になるための試金石になった一作な気がしました。樹木希林とか、そっち方向へかじを切るための。


中谷美紀は、作中一番輝いてました。唯一無条件で好感が持てる役どころで、尚且つ演技も垢抜けていて良かったです。


エンドロール、年齢順とかどうですかね?役どころと実年齢の差に気付かされて、え?ってなる発見がありそう。


そういえば、劇場でチケット買った時、オマケで『かぐや姫の物語・プロローグ』っていうブルーレイとDVD両方が入った円盤セット貰ったんです。ジブリ、変なところに金かけてますが、今回は興行収入での資金回収にやっぱ焦りがあるのかなぁ。


これから等身大ほっちび見てくる!

posted by sbifb4 | reply (1)

http://x3ru9x.sa.yona.la/8008

reply

 メールを出すタイミング、受けるタイミング。 こんなタイミングの1つや2つにも 気持ちの動きが付きまとう。

「サポートセンターからの返事が遅い」 とか。

 これだけ気持ちが動くのに 内容は伝わらない。

 内容、内容 という人ほど、メールの遅れにやきもきする。 (むしろタイミング)

 短いメールでも ドンピシャのタイミングで来ると 壺を突かれる。

 アマゾンの商品が届くタイミング一つにも 気持ちは動いていて どこかでアマゾンとやり取りしている。

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/8007

reply

 食品偽装。 体型偽装。 補正下着で。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: 最近、ちょっと違うんじゃ無いかと思い始めている。

http://x3ru9x.sa.yona.la/8006

reply

 んー、sbiさんの感覚 よくわかります。 自分も湯川氏の文章を読んでいて、日本に当てはまるかなぁー というのがありました。

 湯川氏の文章の中の 「昔の若者がスターの日常生活の他愛もない話題を雑誌で読んで楽しんだように、今の若者は友人達の他愛もない話題をアプリで読んで楽しんでいるわけだ。」 というところ、かなり ひっかかりました。w


 まぁ、コミュニケーションの取り方は人によって違うわけでありまして、リアルタイムに即応するタイムラグの短い人から、やり取りに長考と間を取るタイムラグの長い人まで、タイミングの取り方がいろいろと違う。 (ウェブ上で)

 そのタイミングの違いとは その人が持っている間の違い。 何でも自分の間でやっているとあまり疲れない。 間の取り方の違う人に自分を合わせようとすると疲れる。 それがあると思う。


 盆栽の間をもってsa.yonala.la エントリーを転がす。 この間でいいのではないかと..


 ちょっと 的はずれなコメント返しになってしまいました。 \(^o^)/

posted by x3ru9x | reply (0)

ii.sute.ru

reply

というドメインを思いついたけどsute.ruがもう取られてる。


hitori.aso.bizもだめか。

究極のひとり遊び、レン鯖。

日本語表記は当然「一人遊びズ」です。コンテンツはブラウザゲーから自家発電までなんでも。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: 清須会議観てきた。

公式サイトを見てみたら

reply

このゴーリキ、なんか知らんけど、どストライクでびっくりした。これならいける。

追記:誰かに似てると思ったら黒猫コスで有名(その界隈では)な人だ。すっきりした。正規品が見つかったからもういいです。オレほんと相変わらず最低だな。


鈴木京香と中谷美紀が、なぜか、どうしても女装にしか見えない。イケメンとオカマ。


浅野忠信はいつどんな役がきてもいいように普段は髪もヒゲも伸ばしてると聞いたけど、これ地毛だったらいいなあ。


監督次回作のエンドロールは背の順がいいです。

これはひょっとしたらまだ誰もやってないんじゃないだろうか。調べてないけどひとつくらいはあるかな。

posted by zig5z7 | reply (1)

http://zig5z7.sa.yona.la/2947

reply

ピアツーピアを信じきったことはないし、インタラクティビティというのは全二重のぶっとい線が1本あることだと思ったこともない。


コミュニケーションなんて、せいぜい、うまくいってても、お互い相手に向けて発した矢印が相手ギリギリのところまで届いてはいるけど触ってはいない、そんな程度の状態だと思っている。


前に、3人でPC上でチャットしていた時の話。

その時は全員、自分でチャットサーバを立てつつ、他の2人のところにクライアントとしてログインしていた。

つまり、線としては全体で6本あって、窓は各々3つずつ開いている(自分のサーバにもログインしてるので)。


で、その3窓の話題は全部別。

同時に、違う話題3つを、同じ2人と自分で話してることになる。

この方法だと、思考がや話題の流れがすごく整理されて、驚くほど話しやすいです。それぞれにログが残るし。


この話をすると呆れる人がけっこう多いんだけど、よく考えればわりとみんなそんなもんじゃないのかな、と思う。

一人遊びに付き合ってもらいつつ、コトバを言い放つ。

わりとみんなそんなもんじゃないのかな。


生身での会話だって、話すときはサーバ、聞くときはクライアント。

YouTubeの動画に付いたコメントはプロキシサーバ。そのコメントは元動画から見ればクライアント、でもそのコメントにさらに付いた返信から見ればサーバ。


だから、というわけではないけれど、鯖倉型という形態を、いまも信じている。


例によってまとまらない。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: " ついに若者がFacebook離れ?時代が再び動き始めたか " (湯川)

最近、ちょっと違うんじゃ無いかと思い始めている。

reply

(引用元より)


>インターネットの最大の特性がコミュニケーションであるのだから、基本はコミュニケーションアプリでなければならない。


SNS疲れ、という言葉が浸透しているのも現実で、最近個人的には『”ネット=コミュニケーション”ではないもの』の需要って結構あるんじゃないかと思っているのです。


引用元では10代がアーリーアダプターとしてコンテンツ普及の指標のように捉えられているけれど、こと日本に関しては少子化で、若者の市場よりも中年の市場の方が大きい。

特にインターネット黎明期を体験してきた自分みたいなオッサン層は、ネット自体は駆使するけれども実名晒してSNSするほど危険に対して警戒心が緩くはなく、また、現実での人付き合いそのものが経年劣化していて、絡む相手も多くはないですし。積極的なコミュニケーション意欲も枯れ果て、他人の食ったもの報告に『いいね』を押す気力も無いのです。

ましてや子供を持つ親であれば尚更、我が子にはSNSに没頭して欲しくはないと思う一面もあるはずです。


そんな、マスが大きくSNSに距離を置く市場に目を向け、改めて『一人遊び』の為のコンテンツを提供できたら当たりそうな気がしませんか?(そのコンテンツが長続きするかどうかはひとまず置いといて)

艦コレも本質的にはこんな感じなのかなぁ、と。ネットを使って(サーバーに繋がって)一人遊びをする。

posted by sbifb4 | reply (1)

Re: どうだい見てくれ、俺の長くて太い天に反り起つ立派な

>成長過程でのダイナミックな変形っぷり

reply

おっきくなっても結局ドリルやん。


あと、かわいいって言うと傷つくと思います。

posted by zig5z7 | reply (0)

" ついに若者がFacebook離れ?時代が再び動き始めたか " (湯川)

reply
 何年も人気が続く雑誌のように人気を保つアプリもあるだろうし、時代の変化に合わせて創刊、廃刊を繰り返す雑誌のように旬が短いアプリもあるだろう。今は若者向け一般誌的アプリが人気。昔の若者がスターの日常生活の他愛もない話題を雑誌で読んで楽しんだように、今の若者は友人達の他愛もない話題をアプリで読んで楽しんでいるわけだ。今後、さらにファッションや趣味、嗜好別のアプリが若者の間でさらに人気になっていくだろう。

 ただ雑誌の体裁をアプリで再現するだけではだめ。インターネットの最大の特性がコミュニケーションであるのだから、基本はコミュニケーションアプリでなければならない。若者向け雑誌のターゲット層を想定しながら、コミュニケーション、コミュニティ、EC機能を取り入れて、旬でおしゃれなアプリを作ることができるのか。それがこれからのネットビジネスのキモだと思う。

 社会インフラの座を狙う競争から、若者向け雑誌的な旬なコンテンツ・コミュニケーションのアプリの開発競争が主戦場になりつつあるのだと思う。社会インフラほどではないが、新しい戦場の市場規模も決して小さくはない。

 時代が、動き始めたわけだ。

ついに若者がFacebook離れ?時代が再び動き始めたか


 んーー..  コンテンツ コミュニケーション..

まぁ、まずは音楽。 そして、写真、2次元絵。  CGはどうだろう、CGはどう絡んでくるのか..


 これらを何と言うのか、「アイテム」。 

 アイテムのシェア、アイテムのやり取り。 複製できるアイテム、複製できないアイテム。 アイテムの広がり。 アイテムを転(ころ)がす。 アイテムを立てる

 アイテムの広がりの中で アイテムを転がそうとしたとき、どんなアイテムが立ってくるのか。


・ アイテムの広がりは、"アイテムマップ"。

・ アイテムの転がりは、"アイテムルート"。

・ アイテムの立ちは、"アイテムポジション&スタンス"。

・ そして、アイテムに手が届きそうで届かない位置、"アイテム、リーチポイント"


 要するに 広い意味でのゲーム。 ゲーミフィケーション。 その中で実際に動くボールとはアイテム。

 今までは、プレーヤーはどちらかというと静的な状態であると想定されていた。 それがこれからは、プレーヤーは動き、動きながらやり取りする と想定される。


 「時代が、動き始めたわけだ。」 イコール、 「さぁ、新しいゲームの始まりだ。」

posted by x3ru9x | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.