favorites of fqmktw | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of fqmktwall replies to fqmktwfavorites of fqmktw

コスプレで重要なのはコスの作り込みでもなければ顔や体型の造作でもない、

reply

撮るときの背景だ、と思う。

posted by zig5z7 | reply (1)

おー - 連休中にどうぞ。暮らしが楽になるライフハック40集

reply

http://www.gizmodo.jp/2013/05/gw40.html


この手の技って、キレイにしてある家でひとつふたつあるとかっこいいけど、こういうのだらけだと今ひとつかっこよくないというか、感心する方に行っちゃうというか、なんでだろう。


「DM一斉解除したい人は『unsubscribe』でフィルターをかけてみよう」はその手があったか。

ゴミ行きに振り分けてもいいし。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: シンティック 13HD

http://x3ru9x.sa.yona.la/5321

reply

 ツールを出しっぱなしにすると 描くエリアが小さくなる。 それがあった。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: http://raru9x.sa.yona.la/41

>しかし敷居が高く感じるなあ。

reply

わかりますわかります。前述の友人など、テーブルトークの会合にも飛び込みで参加しているらしいのですが、もうどんだけ人生バリアフリーなんだよと。ゲームマーケットはその点、チョチョっと参加/解散して楽しむことができますから良いかもしれません。


>将棋サロンとか囲碁サロンとか、似たようなのは日本にもありましたわ(・ω・)

自分も言われて気づきました。ちょっと堅苦しい雰囲気がしそうなイメージ・・・行ったこと無いので偏見ですが。実は縁側でスイカ食いながら指したり打ったりするような雰囲気なのかなぁ?

posted by sbifb4 | reply (1)

シンティック 13HD

reply

 13HD 出ましたねー。 11万9212円。  じゅーーー にまんえん !!   英語わかりましぇーーん。

・ Amazon http://inf.to/Mnh

posted by x3ru9x | reply (1)

Re: これ、語学学校の教材なんかにすごくいいんじゃないでしょうか。

ついでにいうと、

reply

ちょっと酒が入っていると、最高に盛り上がります>ディクシット

『仕組み(展開や流れ)に知恵を使うのが面白いゲーム』作りというのは想像できるんですが、こういった『プレイヤー同士のコミュニケーション自体が面白さとなるゲーム』作りというのは、自分にはどういう過程で作られるのか、着想の時点ですらまったく想像出来ません。


>ゲームのルールを自分達でどんどん変えていく

大貧民にローカル・ルールがしこたまあるのも、変化が盛んに起こった結果なんでしょうね。民族学的に神話や寓話が伝播の過程で変遷する様や、方言周圏論などが思い起こされます。


ゲームを楽しく感じる上で大切なのは、やはり(スタート時点での)公平感かと。そういえばかくれんぼや缶蹴りでは『ブタ』とか『マメ』とかいって、幼少の子は鬼にならないルールがありました。今にして思えばちょっと極端なバランス調整だった気も。


あれか、年長者は手首足首に重しつけてパワーウエイトレシオの調整するとか、いまどきの子供だったらマメは光学迷彩オッケーとか・・・・

posted by sbifb4 | reply (1)

Poser画像のカラー線画化

reply

(クリック大別タブ)

 縮小すると線が細くなり 繊細に見える。

しかし、線の入り方自体はあまりきれいじゃない。 線はコントラストの境界に出ているだけの機械的な線。

いい線にするには 処理前に線を手描きする必要がある。

 まぁ いろいろあるけど、まずは色調作り。 

● 元画像(デビアント)-

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: ‘創作脳が治らない’ (はてな増田)

背景画の中の "縄張り" 2

reply

 もし、インターネットが 縄張り となったならどうなるのか?

村 とか 城、陣地というふうに象徴的な形としては描けない。 勉強部屋のつなぎ合わせや、スマホをやっているシーンのつなぎ合わせになってしまいバラバラになる。 "俺たちが守るべきもの(守るべき領域)" みたいなシーンを象徴的に描くことが難しくなる。

 そうなると何かに置き換えるしかない。 それが図書館であったり、辞書編纂の作業場であったりする。

(建物の中には、コミュニケーションエリアと、ライブラリー機能があるはず)


 ここから逆に 縄張りはどう張るといいのか の見当がついてくる。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: ‘創作脳が治らない’ (はてな増田)

背景画の中の "縄張り"

reply

 背景画の中には そこかしこに "縄張り" がある。 主人公の陣地であったり、敵のアジトであったり、脇役の行動範囲であったり。 それは背景画の中で はっきり分かるように色分けされているわけじゃないので 目には見えない。 登場人物の振る舞いや言動を通して分かってくるもの。 (だから見逃してしまう。)

 縄張り意識は動物の本能で人にもある。 この本能を突かずして共感は得られない、っちゅうぐらい重要なもの。


 "縄張り" は 主人公が進むルートやお話の進行とも絡(から)んでいて奥が深い。

 (奥が深いので このエントリーは意識づけだけということにしておきます。 つづく )

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: ‘創作脳が治らない’ (はてな増田)

建築家 と アニメ

reply

(承前)

 このこと("背景画は2種類ある") はまた建築家のイメージ作法とも共通する。

 クライアント(施主) = 主人公キャラ。


● 施主目線で建物の中を動き回lり 建物を検証する = 主人公が見る風景。

(入浴中にトイレに行きたくなったとき トイレにササッと行けるかどうかを一人称視点で検証する etc)

● 雨が降ったとき、駐車スペースから家までの間に濡れないか (建物 斜め上から視点) = 主人公が今どんな状況なのかを掴む鑑賞者の視点。


 建築家も "成りきり (一人称視点)" と "天候からの目 (外からの目)" の2つの視点を持っている。


 建築とアニメは視点という点においてイメージ作法が共通している。


 建築やってる人は だいたいアニメが好き、イメージ作法が共通しているから はまるときはパコンとはまる。 事務職の人以上にはまる。

posted by x3ru9x | reply (0)

みんな騙されるな、実家の貧富が如実に現れるのはカルピスの濃さなんかではな い、

reply

カレーとかシチューとかの具沢山とシャバシャバ汁気とルー部分のコクとの折り合いの付け方だよ。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: 人生ゲーム(負け組)

これ、語学学校の教材なんかにすごくいいんじゃないでしょうか。

reply

メンツに依存する部分もかなり大きいとは思いますが、相手のこともほどほどに知ってるくらいからが面白そう。


以下蛇足。

ゲームのルールを自分達でどんどん変えていく、って経験、しなくなったなあ。

幼若男女(not老若)混淆のかくれんぼとか鬼ごっことか、そういう場で学ぶことって、多かったんだな。

非電源系のゲームが好きな人って、そういう、うまく言えない、「フェアさの調整」みたいな人間的スペック/スキルの部分に秀でてることが多いように思う。将棋なんかの何枚落ちとかそういうのってそういうことでしょう。

posted by zig5z7 | reply (1)

‘創作脳が治らない’ (はてな増田)

reply

http://anond.hatelabo.jp/20130430134002

(引用)

はじめに言っておくと、趣味でイラストを描いたりすることはあるけれど

漫画や小説をまるまるひとつ完成させたことがない

一度だけ友人と地元の同人誌即売会でコピー本をだしたことがあるけれど、

最後まで描くことができなかった

完成させたことはないけれど、気がつくといつでも漫画のネタを考えている

面白い漫画や映画をみると、その話の面白い要素を分析して作れないか考えてしまう

はてブするものは創作ネタが半分くらい

面白いネタが浮かんだらiPhoneのメモに残す

メモの名前は「やりたいことリスト」

アニメを見ていて面白い表現を見つけると紙に真似して描いたりもする

でも漫画は描かない

描ける画力はあると思う

道具も全部揃っている

でも描かない

俺は創作をしたいのか、妄想するのが好きなだけなのかわからない

部屋に閉じ込められて、強引に描かされたら楽しんで描けるかな

絵を描くのは好きだと思う

好きなのかな?

-----------------


 それはあれだ、背景画の壁のせいだと思う。 背景画となると もやもやしてきて重くなり考え込んでしまう、があるからなんじゃないかい?  背景画の壁を乗り越えない限り前に進まないんだって。


 背景画も2種類あって、鑑賞者(お客)が見る背景画 と 主人公キャラが見ている風景、の2つ。

● 主人公が見る風景の中には 主人公が目的とする物、目的とする方向がある。(背景画は主人公の方を向いている)

● 鑑賞者が見る背景画は、主人公が今どこにいてどんな状況なのかが掴める絵。(背景画はお客の方を向いている)


 この2つは絵が同じようでも視点が違う。 この視点の違いからくる差分、そこがミソ。 この差分からキャラの心理や行動の意図、方向性が見えて(分かって) くる。

 こう考えるなら、背景画とはキャラを描き出すものであり キャラを肉付けするもの となってキャラの属性となる。 そこからキャラの力がグッとアップする。 キャラの力がアップしたならキャラを通してキャラの周りがよく見えてくる。 見えてきたなら描ける。

 

posted by x3ru9x | reply (3)

【告知】今から数分で秋葉原まで来られる人募集

reply

他2人が告知しろしろ言うので。


qhgshiyn


缶's Barにて。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: http://raru9x.sa.yona.la/38

人生ゲーム(負け組)

reply

>海外はボードゲームが根付いていて


実際、いい大人になると「みんなでボードゲームやろうぜ!」つって集まるのも難しいですよね。サロンとか、そういった環境がナチュラルに存在するのは羨ましいです。海外でボードゲームが盛んな国というとやはりドイツのイメージですが、(『ボードゲーム』『盛んな国』でググったら案の定ドイツ無双だった)あの国って不思議ですよね。財政や工業・技術の面できっちりとしてお堅い国民性のイメージがある反面、朝からウインナー食いながらビール飲んで赤ら顔。そんな人達が何故かボードゲームを考える能力に長けている。不思議。


>ウチに人集めて出来るようにしたらおもしろいかな。


もし頭数が揃うようでしたら、最近遊んだゲームの中で面白かった ディクシットをお勧めします。

不思議なイラストが描かれたカード(全て違う絵)にタイトルをつけるゲームです。詳しいルールはリンク先に委ねるとして、このゲームでは非常に感性を問われます。あんまり飛ばし過ぎると感性を疑われるのですが、それがとても楽しいです。是非。

posted by sbifb4 | reply (3)

Re: 写真キレイ

ゴミはオレのようだ

reply

Art & Mobile「TiltShift Generator - ミニチュア風トイカメラ」

https://itunes.apple.com/jp/app/tiltshift-generator-minichua/id327716311?mt=8

というので撮影・加工しました。これは有料ですが一部機能制限つきの無料版もあり。


この手のアプリをスマートフォンに入れて高いところに上るだけで簡単に町人をミク出せますなんだこの誤変換。

posted by zig5z7 | reply (0)

人がゴミのようだ

reply
j3r6upt5

posted by zig5z7 | reply (1)

半年間、10月

reply
__.JPG

すでに単なるビール祭りになっているオクトーバーフェスト、始まってます。

posted by zig5z7 | reply (0)

蛇足

reply

更に帰り道、映画館で図書館戦争(実写版)とシュタゲをハシゴで観てきた。どちらも満席でした。


図書館戦争:

アニメのTVシリーズを二時間に圧縮した感じ。ほぼ忠実。逆に忠実すぎてなんで実写にしたのかわからなくなる罠。笠原役の榮倉さんが小綺麗な今時のお嬢さんなおかげで(特に滑舌)、アニメ版のような『清々しい/愛おしいバカ』といった意味での笠原の魅力が3割減くらいしていたのが残念。


シュタゲ劇場版:

せっかくきれいに締まった原作に無理に話を付けたそうとするから強烈な蛇足感が・・・終盤、そろそろ話が盛り上がってくるのかなぁ、と思ったらいきなり終わった。え?これ、新しく発売されるゲームのネガキャンにならなければいいけど・・・


さすがに2本ハシゴはきつい。そういえば、昔は映画って二本立てが普通だったじゃないですか。よく4時間も劇場にいられたよなぁ。




鑑識の米沢バージョンがいい味出してて好き。

「こんな楽しいことは一人ぼっちじゃできないよ」って、いつもボッチで観に行ってますがな。

posted by sbifb4 | reply (0)

人としてのスペックの高さを問われる、ハイレベルなイベント行ってきた。

reply

『ゲームマーケット2013春』行ってきました。ボードゲームやカードゲームなど、いわゆる『非電源』ゲームのイベントです。WEBでイベントの存在を知り、無類のボードゲーム好きの友人に「こんな催しがあるみたいだけど、行くの?」と軽い気持ちでメールを打ったら「もちろん行きますよ」とのこと。実は毎回行ってるらしい・・・便乗する形でのこのこと付いて行ったのです。


nuva4bmc


ビッグサイト西3ホールでの開催。一般(同人)および企業のブースが混在していて、コミケでいうところの島と島の間に遊戯するための別卓が挟み込まれたような独特な設営・・・そう、基本的に『体験型イベント』なのです。遊ばずに会場を見て回るだけなら、たぶん30分もあれば事が済んでしまいます。目にとまったゲームがあればその場で実際にプレイ、気に入ったら即購入という流れで楽しむのが真骨頂といえるでしょう。


zzy5j9er

continue ...

posted by sbifb4 | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.