favorites of fqmktw | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of fqmktwall replies to fqmktwfavorites of fqmktw

芥川 三こすり半之介 の芥川賞とは

reply

 三こすり半で天井まで飛ばすと芥川賞。

posted by x3ru9x | reply (0)

象がするほどする

reply

I will be more elephants to ~

(グーグル翻訳)


象の鼻のように鼻がのびた

Nose extending as elephant nose


ゴールドエレファント賞

Gold Elephant Prize , GEP


 ゴールデン・エレファント賞 というのは実際あります。 (2010年から)

  http://geaward.jp/index.html

posted by x3ru9x | reply (0)

Fusion Calculator

reply

 それでもフュージョンカリキュレーターには勝てないな。 

posted by x3ru9x | reply (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/11234

reply

 チバットマン  ドバットマン  チョロットマン

posted by x3ru9x | reply (0)

PhotoMath

reply

 ほーー

posted by x3ru9x | reply (0)

でかいほうのiPhone 6を買うことにした。

reply

和ップルストア純正SIMフリー版。使ってみて気に食わなかったら何かのビューアにする。一応フルHDなのでそれなりに使えるでしょう。

容量はいつもの癖で128GBにした。そんなに使わないのはわかってるんだけど。ストレージに関してはいまだにローカル原理主義者でございます。


SIMについては、今の契約の縛りが年末に解けるので、そのタイミングで格安SIMにするつもり。

それにしても、緊急通話くらいはSIMなしでできるようになってほしい。

SIMなしの発信は電波法にひっかかるらしいんですが、110と119くらいは電池さえ生きてればかけられるくらいでちょうどいいんじゃないか。118と171もか。法改正はよ。

関連:

電話の3桁番号サービス | 電話商品・サービス | NTT東日本 Web116.jp

http://web116.jp/phone/telephone/

118は海難、171は災害用伝言ダイヤルです。

って、コレクトコール来年なくなるの?


以下蛇足。

・シャッター音を切りたい。常に切りたい、というか脱獄してそうしている(iPhone 5)。おちおち画面撮りもできやしないんだもん。

元は盗撮防止なんでしょうけど、少なくともiPhoneに関してはマナーモードでも音が鳴っちゃうのは日本とカンボジアだけの仕様らしいです。性犯罪にあれだけうるさい諸外国でも本体ボタン一発でミュートなのに。

せめて、他の手段でなんとかならないもんなんだろうか。カメラ起動中はフラッシュがちょっと光ってるとか。露出が狂ったり絵的に要らない光が入ったりするからだめか。では撮った後、0.5秒くらい後に強制発光とか。続けて撮りたいときが面倒そうだし、フラッシュにテープ貼っておけば済んじゃうか。盗撮するときにフラッシュ焚くバカはいない。

なんかないかなあ。他の人に知らせる手段は音か光くらいしかないもんなあ。だめかなあ。


・マナーモード、って言い方がもうだめだ。上で自動的に書いて自己嫌悪。「空気読め」的な同調圧力を感じる。たちの悪い方の意味で。

いっそ「ルールモード」か「モラルモード」かどっちかに振る方がまだすっきりするわ。ほんとうはサイレントとかミュートとか、そういう、事実を淡々と述べる言いかたのほうが好き。

書いてて思ったけど、iPhoneではマニュアルに「マナーモード」って記載はなかったような。あれは商標?んなこたないよね。


・オレがiPhoneのあの仕様を、日本とカンボジアだけのあの仕様を嫌うのは、そのトリガーがハードウェアスイッチだからってのもあるのかもしれない。音を切るスイッチをプチッと操作したのに音が切れてない場合があるのが嫌なの。

いわゆるガラケーのマナーモードってたいていは長押しだろうから、ソフトでしょ。だからあっちはあれでいいんです。スイッチ(物理)をいじったら、根こそぎ全部ぶっつり切れてほしいのです。物理だけに。ぶっつりと。嗚呼オレおやじだ。あるいはTRICKの上田次郎。


・スマートフォンのシャッター音、あれが銀塩のシャッターやミラーやフィルム送りの音を模したものだってわかる人は今後減る一方だろうなあ。一眼もどんどんミラーレスになっていくし。「保存」ボタンのフロッピーと同じ運命をたどるはず。


・ミラーショックってほぼブローバックだった。華やかな光。僕をそっと、包むよなハーモニー。ロマンスのビッグヒッター、グレイトシューター。嗚呼オレおやじだ2。

でもあれはほんと狙撃ですね。昔6x7の空シャッターを切ったことがあって、すごかった。バシャこーんトゥルルル。撮影のことをシュートということがあるのもうなずける。

posted by zig5z7 | reply (2)

Re: http://q7ny3v.sa.yona.la/2051

ネットは田舎なのか

reply

いわゆる古き良き田舎では、玄関に謎の野菜がいきなり置いてあってもそれが誰からの贈り物かわかってお返しに黙って何か置きに行けるくらいになってやっと地域住民の仲間入り。

でも最近はそんなつながりも薄れてきて。


リアル田舎が田舎でなくなっていって都会は都会のままで近郊/郊外は当然どっちでもないとすると、田舎ってあとはネットくらいしかないのか。寄合所、井戸端の井戸はどこだ。


一周したのか半周なのかよくわからない。そもそも周回なのか。

posted by zig5z7 | reply (0)

戦い

reply

 激しいなー

posted by x3ru9x | reply (0)

日本発の新型太陽電池「ペロブスカイト」夜明け前−世界の研究者が注目:日刊 工業新聞

reply
 「ペロブスカイト」という結晶構造を持つ、日本発の新型太陽電池が世界の研究者から注目されている。開発からわずか5年でエネルギー変換効率が5倍に増え、現在主流のシリコン系太陽電池に近づきつつある。安定性など実用化に向けた課題はあるものの、圧倒的に低コストで作製できる可能性を秘めており、太陽電池の新たな市場を切り開こうとしている。(小川淳)

 「信じられない材料。多少雑に作っても高い発電効率が出る。材料として非常に筋がいい」—。東京大学大学院工学系研究科の近藤高志教授はペロブスカイト太陽電池の魅力をこう語る。ペロブスカイト太陽電池は、ペロブスカイトという結晶構造を利用した太陽電池の総称。一般に炭素などの有機物、鉛などの金属、ヨウ化物や塩化物といったハロゲン化物で構成する“有機無機ハイブリッド型”だ。

日刊工業新聞

posted by x3ru9x | reply (0)

アメリカ人

reply

 夕飯のテーブルの上にコーラが並んでいて、肉やシチューを食べたあと そのコーラをゴクゴク飲む。 そしてその後に ゲップする。  アメリカ人の晩飯コーラのあとのゲップ。  ウゲーー !!、 耐えられない。


 アメリカ人の ゲップ ゲップ ゲップ。

posted by x3ru9x | reply (0)

工業製品だらけの文明に壁を感じて、沈思黙考しながら野菜工場に取り組む

reply

 これも ポストモダン。

 野菜工場とはポストモダンの一つの象徴、そう文脈付けるのもいい。

-----

(ニュース)

posted by x3ru9x | reply (0)

今朝の空気は澄んでいるなぁ、と思って大気汚染マップを見ると、やはりグリー ンだった。

reply

 4、5日前、空気が淀(よど)んでいた。 違いが分かる。


 マップ http://aqicn.org/map/china/jp/

posted by x3ru9x | reply (0)

石膏は白いけど石膏デッサンは黒い  本当の石膏デッサンとは

reply

 色を抜いていくことで白いものを描く。 それができるのがデジタルペイント。

リアルの絵具は基本的に色を盛り込む方向。

 そもそも 人の顔には色がある。 その顔の色を抜くことができれば顔が白となり、白いキャンバスとなる。 そうしてその白いキャンバスからもう一度スタートする。

 この往復の方向性が必要なのではないか。


 つまり、これが本当の "ぬりえ" なのではないか。 このことが正解なら "ぬりえ" こそお絵描きの基本。


 色を抜く作業があるのが本当の "ぬりえ"。  面白い。


基礎デッサンじゃない、"基礎ぬりえ" だ。

posted by x3ru9x | reply (0)

部屋の中を青い光で充満させる

reply

(拡大)

● 元画像 Vray画像 デビアント -


 上の部屋の場合、光が当たっているところはブルー、影の領域はそのまま。 これを、

● 光がブルー(セルリアン系) なら 影もブルー(青紫系)にする

● 対象が何色かを出す (レンガ色の建物、樹木は緑)

 と、下になる。 このあたりがどうも背景画のコツであるような。 

 青い光で空間を満たすと視点がたどる道筋が整理されて奥までスーと見える。 そのへんも背景画のテクニックなんだろう。


● 元画像 Lunion3D画像 -


 影を描いていって形を描き出すのはキャラクターの方で、背景画は光の通り道(光を受けて発光ぎみになった面のつながり)を描き出すようにする。

posted by x3ru9x | reply (0)

テラヘルツとは

reply

(拡大)

posted by x3ru9x | reply (0)

うまい棒の見せ方  象のお尻の下で見せる

reply

(拡大)

 食べれます。 うまいです。

 画像にも文脈があるわけなんですねー。

 人間もフンコロガシ。 スカラベ。 頭の中ではク○ 食って生きてまーす。 食わせたり、食わせられたり。


 「うまいけど、こんな食べさせられ方いややーー。」  そこに食文化あり。 食文化と絵の文脈。

posted by x3ru9x | reply (0)

ポストモダンとは

reply

>>

「ポスト」はラテン語で「後に来る」とか「次の」といった意味です。

「ポストモダン」とは「モダン(モダニズム=近代主義)の次の」という意味で

思想・哲学・建築・文学の分野で使われる用語ですが

ここでは思想・哲学に限定しましょう。


西洋史上、「近代」は概ねルネサンス、大航海、宗教改革以降の時代

特に市民社会と資本主義を特徴とする時代を指します。

そういう意味では現代も「近代」の延長上にありますが

1900年代後半から近代主義を批判する文化上の運動が活発化し

これ以降の時代を「ポストモダン」と呼びます。


思想・哲学史上における「ポストモダン」の代表的なモノに

1960年代に流行った「構造主義」があり

構造主義の流行が去った後の、構造主義の成果や反省を踏まえた次世代の思想を

「ポスト構造主義」と呼びます。

ちなみに現代は思想史上では「ポスト構造主義」時代にあたります。


このように、ポスト構造主義とかポストモダンというのは

時代区分の一種であって、その流れに属す思想は実はいろいろあります。

それゆえに一言で言うのは難しいのですが

共通する特徴として

●近代の行詰りを克服すべく、近代をいろいろな角度から反省している

●なかでも「形而上学」を反省しようとする態度が大きい

といったことが挙げられると思います。

ちなみに、ポストモダンの条件』を著した哲学者リオタールによれば

「ポストモダンとは大きな物語の終焉」だそうです。

何のことやら、よく分かりません。


形而上学というのは西洋哲学の主流の思想で

古くは古代ギリシャのアリストテレスによって始まり

「我思う故に我あり」で有名なデカルトによって一旦の完成を見た

(と教科書で教えられた筈の)ものです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2235577.html

<<


 モダンが元気溌剌なら、ポストモダンは アンニュイな、内省的な、半音下がったような、そんなニュアンス。

● モダン → きっぱりとした白。

● ポストモダン → 白にニュアンスがつく。 少し黄ばんだような、隅っこがにじんだような。


 ブラウンやアンバー系の色までは行かない。 あくまで白の範ちゅう。 基本は白。 白がイメージカラー。

posted by x3ru9x | reply (0)

Re: もうドングルにしようぜ

一応、突っ込んでおくのが礼儀ですかね?

reply

節子、それドングルちゃう。blu-rayや。


確かにHDDを媒体にしている限り、常に死と隣り合わせなんですよね。

ユーザーだって、映像を見ることが目的なのであって、メディアやストレージを溜め込むことが目的なんではない。

ぶっちゃけ、、オンデマンド配信で安いと感じられる値段で提供されれば、面倒な自己管理から喜んで解放されるんですけど。観返したいと思ったものが都合よく配信されているとはかぎらないですし。うーん。

posted by sbifb4 | reply (0)

中国から流れ込んでいたスモッグが気流の流れによって西日本から晴れていく

reply



 もう はっきり出ている。 最近、空気が澄んでいない状態が感覚でわかるようになった。 2、3日前はなんとなく淀んでいた。

posted by x3ru9x | reply (0)

Vue画像のイラスト化

reply

● 元画像 -

● ソフトトーン 1 強 -

● ソフトトーン 2 中 -

● 線画調 -

 1枚から3枚作って合成。

posted by x3ru9x | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.